FC2ブログ

R-T-A Diary

リアルタイムアタックな日記では無く、日々をアクセル全壊で空ぶかしをしている様な日記ですので、間違われた方はCTRL+Wで。。

お買い物♪:ねんどろいど 月ノ美兎

Kaimono_20190607_Nendoroid_TsukinoMito_1.jpg
:ねんどろいど - 月ノ美兎:

Vtuberキャラは、このキャラまでしか知らない。
それまでのキャラは、まだ3Dキャラクタの様に動いてるなと普通に思ってましたが、
このキャラを初めて見た時、棒にキャラの絵を貼って動かす芝居劇の様に思え、
急に独特なキャラが出て来たな~と思ってました。
まぁ、その後に投稿された動画を見てて、本当に独特過ぎてマジ者だなと思いましたね・・・。

最近では、キャラクタのモデリングにお金が掛って来たのか、
初期の頃と比べて大分動きはスムーズになったなと思いますが、
根本の部分は、何も変わってない様に思えます。
それは動画の内容もだとは思ってますし、それが味なのかもしれません。

恐らく、このシリーズの買い物は、今回が最後だろうと思ってます。
と言うか、これ以降のキャラを知らないのだから、買いようが無いってものだ。

そんな最後になるかもしれないキャラなのだけど、
組み立てて、一つ、解らない事に遭遇した。

Kaimono_20190607_Nendoroid_TsukinoMito_3.jpg

髪の下の背中部分に支柱を挿すのだけど、髪が邪魔でこれ以上の調整が難しく、
土台の良い場所に設置しようとすると、足元が浮いてしまって、変な見た目になる。
これ、パーツの設計間違ってないか?


Kaimono_20190607_Nendoroid_TsukinoMito_2.jpg

何とか誤魔化して設置するも、足元を横から見せない様にするしかない。
他に購入した人や、公式のサンプルを見ても、脚がちゃんと設置していのよね。
マジで謎。

それ以上に、置く場所が無い。。。

お買い物♪:ねんどろいど - 電脳少女シロ, のじゃロリおじさん

Kaimono_20190525_Nendoroid_Siro.jpg
:ねんどろいど - 電脳少女シロ:

Kaimono_20190525_Nendoroid_NojaLoliOjisan.jpg
:ねんどろいど - のじゃロリおじさん:

これで火付け役になった初期の頃のキャラクタが出揃った。
最近は、投稿されている動画も、点々と見る様な感じで、あまり追い掛けられていない感じ。
と言うか、増え過ぎたと言う事もあり、後続のどのキャラが面白いのか?と言う事をあまり知らず、
月ノ美兎辺りで情報収集が止まっている感じである。

Kaimono_20190525_Nendroid_Vtuber.jpg

とりあえず並べておいた。
両手に物が持てる、と言う事で「双雷剣キリン」を思い出し、
テレビの横で埋まっているキリン装備を発掘してみたが、





Nendroid_Kirin_Souraiken.jpg

経年劣化か、ケースに入れている為に地震の振動が伝わったかは解らないけど、
見事にぽっきりと折れていた、残念。
しかし、興味は大分無くなったと思っていたキリン装備だけど、
こうやって改めて見ると、やっぱり可愛いなと思ったり。

お買い物♪:ねんどろいど - ミライアカリ

Kaimono_20190426_Nendoroid_MiraiAkari_1.jpg
:ねんどろいど - ミライアカリ:

忘れた頃に届くフィギュア。
ただ、今回のミライアカリに関しては、何回も発売変更の通達メールが届いたので、
もうそろそろ発売か、ってのは解っていた。


Kaimono_20190426_Nendoroid_MiraiAkari_2.jpg

とりあえずモニタの前に飾っておく。
正直、フィギュア化するにあたって、キャラクタの個性を主張するパーツが無い感じ。
と言うか、先に発売された2体は、キャラクタの個性をパーツにし易かっただけとも思える。

最近、纏めて購入した漫画

少し前に、hontoでコミックセットの割引クーポンがあったので、
丁度良い機会だと思い、気になってた漫画を少し買ってみた。

で、ようやく読み終えたって感じ。

■ドラゴンボール超■
DragonBallSuper_Comic.jpg

TVアニメの方は見ていたのと、年末にブロリーの映画もあったので、
折角だからと漫画の方を読んで見る事にした。

描いているのが鳥山明では無いと言う事は理解していたつもりだが、
改めて読んでみると、やっぱり鳥山明のドラゴンボールとは違うなと感じる。
ただ、それが悪いと言う訳でない。
むしろ、鳥山明のドラゴンボールを描く必要はないので、
あくまで、らしさを失わない様に、作者の作品として出来上がっている。
『ドラゴンボール』って漫画を描く事になっている作者にとっては、
楽しさ以上にプレッシャーが半端無い事なんだろうとは思うが、
それで面白さを感じているのだから、十分出来の良い作品と言う事だろう。

一番気になったのは、トーンが多様されていると言う事に違和感を感じたが、
これは昔のベタのみで描かれていた表現以上に、
色々な色調、キャラの特徴も表し易くなってると思うので、
多種のキャラが登場しているこの作品では良い事だと思う。

劇場版やTVアニメの流れを描いてるけど、展開は微妙に異なっているので、
新しい話の様に読む事が出来たが、ちょっと飛ばし飛ばしな展開な気はする。
ただ、未来トランクス編に関しては、圧倒的に漫画の方が面白かった。
特に最後の展開に関しては、漫画の方が絶望感があって良い。
・・・メタルクウラ?知らんな。

次の9巻で力の大会の話が終わりそうなので、楽しみである。


■サタノファニ■
SATANOPHANY_Comic.jpg

友人のN君が、

SATANOPHANY_GenitalBattle.jpg

「この画像を貼っておけば興味はひけるであろう」(原文まま)

と大分前にLINEで言って来たので、気にはなっていたのだけど、
中々読んでみようと思うまでに時間が掛かり、ようやくと言う感じで購入。

エデンの檻の作者と言う時点で、結構な内容である事は予想していたが、
話の設定や展開としては、中々面白く読めており、別の興味を引いてしまった感じ。

まぁ、そんなのは最初の内だけだったなと、2巻を読み始めて早々に思った。
ヤング〇〇で表現できるエロ展開よりも、とにかくエロ混じりの台詞に笑ってしまう。
やっぱりギャグ漫画じゃねぇかよと思ってしまう事が非常に多いけど、
先にも言った様に普通に漫画の展開も面白く読めている。

最新刊の展開も中盤に差し掛かっているのか、次の巻が楽しみである。

お買い物♪

Kaimono_20190225_DJ.jpg

年明けからちょこちょこと買いたい物があるので、楽しんではいるが、
先日もちょろっと書いた様に、購入のタイミングが色々とあって困っている。

私生活の中で、直接足を運べそうな店舗は横浜店くらいだが、
駅から遠すぎて行く気力が起きない。

たまの週末に秋葉原に出向く事も出来るが、
あの店は店の中が混み過ぎて列に並ぶ気力が失せる。
新しく昔の虎の跡地に出来た2号店だかに出向けば良いのかもしれない。

そろそろメロンブックス町田店が出来てくれないかと、切に願う。
そうすれば、全てが解決する・・・気がする。


:まいとしSSR - 大チャンジャ:

画像の商品は↑これ。
作者の呟き場はよく見ているけど、こうやって本になって一気に読むと余計に楽しい。
下に3冊くらいあるけど内緒。

お買い物♪

Kaimono_20190222_DJ.jpg

適度にイベントが続いているので出費も続いている感じ。
冊数は多くないので、夏冬程のどでかい出費にはならない物の、
どのタイミングで注文するか、毎度毎度悩まされる。

MBは複数注文を纏めてくれるシステムもあれど、
既に入荷(販売)された物と予約の商品を纏める事が出来ないので、
購入しようと思っている商品を、予約の内に全部纏めてしまうか、
販売してから全部を纏めて購入するか、それが悩み物。

前者は購入しようと思った物が全部予約中なら良いけど、
どれか1つでも販売開始になると、もう発狂しそうになる。
後者に関しても、予約の段階で販売部数が無くなったり、
販売開始が遅れて、先に始まった商品が品切れになると、
最大級に発狂しそうになる。

見極め、マジ大事。
それに止めを刺す様に支払いも色々と都合良く出来ていない。
複数の注文を1つの注文として纏めてくれるサービスは神懸ってるが、
注文を纏めた場合のカード支払いが出来ないのが面倒くさい。
纏めた場合は、代引きで発送し、カード支払いになるのだけど、
荷物受け取ってカードのやり取りをするのがとにかく面倒くさい。
多分、配達員の人も代引きなんて、果てしなく面倒くさいと思ってるだろう。
1回、代引きで使うカードの通信端末の調子が悪くてアンテナが立たず、
カードで支払う事が出来ず、現金で数万円払う事になった事がある。
あのシステムが改善されれば、言う事無しに最高になる。

結局、欲しいから買おう!!って簡単に注文出来ず、
毎日、新しい商品が入荷、予約開始していないか?発売日は何時か?
みたいなのをチェックする手間が意外と面倒である。

お買い物♪:C95

Kaimono_20190203_DJ_01.jpg

年末に注文した物がようやく届き終えたと言う感じ。
段々減って来ている感じはしするけど、やはりまだまだ多い。
むしろ、昨年にカテゴリが増えたので、逆に危ない感じがしている。


Kaimono_20190203_DJ_02.jpg

年末に購入したベストな作品の1つ。(ベストって一杯あって良いのかな?)
作者の方は、呟き場や渋で特徴ある作品描いてるので、
今回の作品名、表紙のイラストを見た時、絶対面白い奴だわ・・・って思った。
読んで見れば案の定と言う感じで、これが同人誌の面白い処だと思っている。

コミックから電子書籍に切り替え

Screenshot_20181219-194026.jpg

少し前に出た中華一番!極の3巻をようやく購入。
hontoは割引のクーポンを結構な頻度で配布してくれるのは嬉しいのだが、
大体は1,000円以上の購入で適用と言う物が多いので、1冊では適用出来ず、
他に一緒に購入したり、購入予定の本が出るまで我慢する事がある。
まぁ、発売日に欲しいとか言う欲求は、今は殆ど無いので、待つのは問題無い。


Screenshot_20181219-193959.jpgScreenshot_20181219-194009.jpg

で、一緒に購入した甘い生活と王様の仕立て屋の新刊。
甘い生活は、2nd Seasonの8巻くらいまではコミックも一緒に買っていたのだが、
もういいやと、今は電子書籍オンリーにしてしまった。
相変わらず楽しみにしている作品。

もう1つの王様の仕立て屋だけど、

サルト・フィニート
サルトリア・ナポレターナ
フィオリ・ディ・ジラソーレ

これも今までの3作品は全てコミックで購入していたのだけど、
今回、新しいシリーズが始まるので、丁度良い切り替えタイミングかな?と思い、
電子書籍で購入する事にした。
と言うか、巻を跨いで話が続いたりせず、1冊で話が大体終わる感じなので、
積んでしまってた時、1冊飛ばしとかしてしまった事もあり、それの防止も兼ねてる。

どちらの作品も長寿作品であるが、今後もまだまだ続いて欲しいと願うばかり。

神神とFをアクションアニメとして見直してみる

PrimeVideoで見れてしまうってのもありがたいね。
それ以上に、もう5年前と3年前の作品と言う事に驚きであり、
神神に20分の映像が追加された特別版がある事を初めて知る。
中古が安いから、気が向いたら買ってみるかな。

どちらの作品も話の内容は覚えていたけど、
劇中のキャラの動きやカメラワーク、そう言う部分は余り覚えて無かった。
そう言う面を改めて見直すと、神神は久しぶりのドラゴンボールと言う事で、
結構しっかりとキャラを動かしてたり、カメラの画角も良かったのだけど、
Fに関しては、敵が多いと言う事もあり、最初の方は昔の作品の様な感じで、
後のフリーザと戦う場面も、所々動きも絵も良い部分があるのだけど、
全体を通して見ると、非常に物足りないなと感じた。

改めて過去作品を見直して、先日のブロリーを思い出すと、
登場させるキャラやストーリーをシンプルにして、
悟空とベジータとブロリーを戦わせる場面を重視する事で、
アクションアニメとして完成度の高い物が出来ていたのだと思う。

ついでに、熱戦・烈戦・超激戦も見直してみたのだけど、
セルアニメだったと言う事もあり、流石に動きは昔のドラゴンボールだが、
あれはあれで、ブロリーの圧倒的な強さを表現するには良いかと思う。
ただ、三大超サイヤ人や100億パワーと比べると、物足りない感じなのよね。
100億パワーとか、何回見ても格好良いと思うシーンが多い。

お買い物♪

Kaimono_20181129_Nendoroid_KaguyaRuna_1.jpg
:ねんどろいど - 輝夜月:

個人的には一番可愛いと思っているバーチャルYouTuberのキャラクタ。
一番最初の動画のサムネを見て、何か可愛い感じのキャラだなぁ~なんて思って再生してみれば、
見た目に反した凄いキャラだったのが最初の遭遇でした。

ネジが1本飛んでる様なキャラクタが好きな自分としては、お気にならない理由など無く、
3本目くらいの動画が投稿される頃には、自分の中では大ヒットなキャラになっていた。
それ以降も動画が投稿されるに度にキャラは崩壊して行き、ますます可愛いくなっていった。

冬のワンフェスにちょっと出掛けていた時に造形化の発表があって、
あまりにも早いな~と思ったのは9ヵ月も前の事でした。
時間が経つのは早いのか遅いのか解らないが、ようやくと言う感じで発売され、満足しています。



Kaimono_20181129_Nendoroid_KaguyaRuna_2.jpg

とりあえずエビ持たせて並べて置く。
久しぶりに台座なんか使ってるけど、やはり足にビス打ちした方が良いな。

お買い物♪

Kaimono_20181030_Nendoroid_KizunaAi_1.jpg
:ねんどろいど - キズナアイ:

このキャラクタ自体を知ったのは、活動が始まってから割と時間が経った頃であり、
YoutubeでTAS動画やMHFの動画などを見ている時にホームで見かけたのが切っ掛け。
何度か動画を見てみるも、やっている動画の技術内容は凄いな~と思いはしたけど、
Youtuberの動画の面白さはよく解らないなと感じる状況が続いた。
それから色々と後続のキャラクタが登場する事で、改めて動画を見直す機会が増え、
何となく面白く感じる様になってきた。

そんなキャラクタがねんどろいどになると言うから購入予約をしておいたが、
購入予約をした後、今年の夏にほぼ手持ちのフィギュア全部を売却してしまい、
正直、このまま購入するかどうか悩んでいた。
と言うか、フィギュアを購入しても飾らず、積みまくっていた事を考えさせられたので、
もし、今後フィギュアを買うなら、出来るだけ小さい物にして、飾る事にしようと決めた。



Kaimono_20181030_Nendoroid_KizunaAi_2.jpg

と言う事で、今回は真っ先に開封して机に配置する事にした。
床に座るパーツが付いているにも関わらず、頭の重さで後ろに倒れるのがウケる。
やっぱり足にビス打ちして立たせるのが正解な気がして来た。

ヴィンランド・サガ

幸村誠の漫画で、来年にアニメ化される作品。

:TVアニメ「ヴィンランド・サガ」公式サイト:

生憎と、自分は原作は読んでおらず、
幸村誠の漫画もプラネテスしか読んだ事が無いので、
作品名を知っている程度である。

そんな作品のアニメ化にて、
地元民の籔田修平が監督を務めるとの話を先日伺った。
昨年に、いぬやしきのアニメでも監督を務めていたけど、
あの作品では、他に総監督が居たので、
今回、当人が作品の総監督と同じ役割を担っているかと思われる。

HOTDのアニメ化に伴って、
TVアニメで3D監督の仕事をすると言う話を聞いてから、
それまでプリキュア以外のTVアニメを殆ど見ていなかった自分が、
久しぶりに色々な作品を見る様になった事も今は懐かしく、
とうとう1作品の監督を任される様になったんだなと、
友人としてとても喜ばしい。

とりあえず、作品の方は読んだ事が無いので、
アニメを見ながら、どう言う作品なのかを楽しんでみようと思う。

上記の公式サイトのスタッフコメントの所に、
原作者との対談と言う記事があったのだけど、
記事の内容よりも、市ヶ谷の釣り堀か?と言う事の方が気になった。
市ヶ谷は、本当に色々とお世話になった(お邪魔した?)。



もう25年くらいの付き合いがあるのだけど、
未だに「薮田」「籔田」「藪田」のどれなのか知らなかったりする。
地元民の誰に聞いても曖昧だった。
不思議な事に、Webの記事なんかを見ても定まっていない。
卒アルでも見れば1発なのだろうが、このまま謎にしておこう。

お買い物♪

Kaimono_20181002_Comic_AkarukuTanoshikuKimochiyoku.jpg
:明るく楽しくキモチよく - メネア・ザ・ドッグ:

しばらく漫画を買った事の日記は書いていなかったし、
普通の書店で売っているエロ本を購入したのも久しぶりな気がする。



作者を知る一番最初の切っ掛けはこれ。
明らかにこの路線は自分が好みな傾向だと思って、それから色々購入させてはもらい、
昨年に商業のコミックが出ると言う話を知って喜ぶも、DL版だったと言う事に少し残念だったが、
今回、こうやって製本化されて発売された事を素直に喜んでいる。

内容の傾向は、エロ本のはずなのに、どうしてもコメディ路線で見てしまう。
でも、それが面白く感じているので、それはそれでも良いのかな?なんて思ってしまったり。
エロ本としての評価をしていないのは、失礼なのかもしれないけどね・・・。

DJの分別

ダンボールに入ったままのDJを片付けようとしていたはずなのに、
何故か分別を始めてしまい、余りにも時間が掛かり過ぎて悲鳴を上げている・・・。
とりあえず部屋から出られないので、昼飯も晩飯も食っておらず、
一度、強引に部屋を抜けてトイレに行った際、ペットボトルの水を1本持って来たが、
それもそろそろ尽きそうで、軽く死を覚悟している・・・と言うのは言い過ぎか。

・ドスケベ
・ドスケベ フェチA
・ドスケベ フェチB
・ドスケベ フェチC
・ドスケベ フェチD
・プリキュア
・モバマス
・一般
・18禁
・封印

と言う感じでカテゴライズして分ける事にした。

ドスケベ、フェチA~Dが何なのかを話すと18禁ブログになるのと、
今後の人付き合いが難しくなるので多くは語らない。
皆で自由に想像してくれ♪

ちなみに、一番最後の18禁は何が違うのか?とツッコミを受けそうだが、
何でこんなの買ったんだ?みたいな「はーつっかえ・・・」と言う様な物。
軽く封印指定に片足入れている様な物(例:えろほん)。
マリみてとかは彩〇堂とかは、問答無用で封印した。

とりあえずドスケベ フェチAが圧倒的に多く、
このカテゴリに関しては、エロ本買う目的の1つにもなっている。
買わないは無い、無理。

次に多かったのはプリキュアで、正直こんなに買ってたのか・・・と自分でも驚いた。
でも、残念な事に、今の自分はプリンセスプリキュアで終わった感じがあるので、
買ってたサークルの物を引き続き買っている程度である。
新しい開拓はしていないし、今までプリキュアのジャンルを取り扱ってたサークルも、
最近の作品は取り扱ってない事が見られ、購入する量はかなり減って来た。

続くは更に意外でモバマスだった。
一番新規参入ジャンルのはずなのに、箍が外れたかの如く購入してたらしい。
今の自分の旬であろう作品だし、毎回購入量の7割くらいはモバマスな気がしてならない。
ミリの参入は今の所無さそうだが、シャニマスの参入はありそうな雰囲気。

後は、ドスケベ、フェチB、C、Dと続く様な感じ(内容は相変わらず話せないよ)。
一般の物とか、セイバーさんとたわわくらいしか無かったのがウケるね。
ある意味酷い。





とりあえず、この文章を書いている時点では、仕分けが終わっただけの段階で、
これから綺麗に収納を始めなければいけないのだけど、明らかに箱が足りない・・・。
どうしよう

思ってた以上に

片付けていないDJが多過ぎる事に絶望している。
段々と自粛して購入する数を減らしては来ているけど、
何だかんだで今回のC94も、既に50冊近くは購入している。
購入したリストを見直していると、C91辺りが一番多い。
それ以外にも、こんなの買ってたっけか?ってのもあって、
懐かしい気分にも浸れど、覚えていない事にヤバさを感じる。

後、それ以上にエロ本の管理が大変で困っている。
ダンボールを止めようとは思ったが、
代わりになりそうな物を探せど、ロックスくらいしか良さげな物が無く、
大きい容量のロックスを購入しようものなら、1個4,000円とかは当たり前。
それを5~6個必要になるとなれば、頭が痛くなる出費である・・・。

もう捨てるか?
次のページ