FC2ブログ

R-T-A Diary

リアルタイムアタックな日記では無く、日々をアクセル全壊で空ぶかしをしている様な日記ですので、間違われた方はCTRL+Wで。。

時に楽しく、時に苦痛

~MHP2~
昨日書いたディアブロスのガンでの処理は、回数やったら慣れてきました。
それ以上に、グラビモスの処理が大変でしたね。
腹を撃ってはいれど、硬い硬い。
全然壊れる気配無しな状況が続く中、
怒り咆哮>タックルで即死と言う愚行で死ぬ。
続いて突進を食らった後に、モスの突進で死ぬと言う間抜けっぷりを発揮。
最後は、怒り咆哮>グラビームと言うコンボをやって来たので、
マズイと思い、必死になって横に前転したら、
どうも自分に向かって撃ってなかった様子で、
グラビームに自ら前転で突っ込んで3死。
咆哮中、「ファンゴ様、助けて!!」と何回願ったか覚えてませんね。
村に戻った後は、流石に怒りタックルで即死じゃ話にならんなと思うも、
防御力を見てみれば100以下だったので納得する。
しょうがないなと、普段装備しているガブラス装備に手を加え再挑戦。
防御力は200程あったので、今度は大丈夫だろうと思ったが、
怒りタックルで半分以上減ったので、即死したのも更に納得した。
とりあえずは腹を壊す事に必死になり、
やっとこさ終わったよと思えば、
基本報酬でアイテムが4種類しか出ず、物凄く骨折り損な気分を味わう。

続いて緊急のシェンガオレンの撃退に向かう。
正直、dosでも相手にした事が無く、何すれば良いのか解らなかった。
とりあえず、dosの攻略本を見て、何処が弱点なのかを調べ、
口の中との事で、そのままガンで向かう事にした。
用意したのは通常弾2と拡散弾2を用意し、後は調合用のアイテムだけ。
初対決!!と向かってみれば、非常にデカい挙句、
予想以上に移動速度が速いなと思った。
これ、砦まで早く着くんじゃね?と心配になってたが、
口に拡散弾を3~5発くらい撃つとヒヨってくれてたので、
そこに通常弾をガスガス撃ち込んでました。
まぁ、結果的に撃退となり、討伐は無理でしたが、
砦に辿り着くまでは、かなり時間が掛かったので問題無かった。

こうして、ようやく上位に上がれたので、
まずは農場拡張だなと、村クエでポッケポイントを貯め始める事にした。

~beatmaniaIIDX~
正直、上達しているなと思う部分と、
下手になってるなと思う部分がはっきりしている事を理解した。
運指を固定にしてから、2連譜の譜面が叩けない感がある。
なので、Blind Justiceとかの途中の譜面が取れない事が多い。
何とかしたい物である。
とりあえず、ハイパーを全部やってないにも関わらず、
穴埋めでも始めるかと思った。収穫があった物は、

穴Second Heaven
穴Roulette

辺りかと。
穴Second Heavenは、相変わらずなRyu曲なラス殺しで、
穴Rouletteは、横田商会の曲で最もクソ譜面に思えました。
後は点々とクリア目的でプレイする。

穴Rocketは、真面目にやったのにクソみたいなスコアが出ました。

~悪魔城ドラキュラ~
ドラキュラシリーズは好きではあるのですが、
個人的に認めているのは「血の輪廻」までなんですよね。
それ以降は、月下しかプレイしていないです。
GBA版やPS2版のキャッスルバニアは、
ベルモンド家に関係する人間の話なので、
一応は気にはなるのですが、
ゲームボーイでやるのもな・・・って感じと、
PS2版の横スクロールのアクションじゃないのがどうも駄目で、
どちらもプレイしていません。
新しい感じはするなと思いはしたのですが、
今まで自分が好きだったドラキュラが全然違うゲームになった、
と言う思いしか無いです。
ゲーム自体はプレイしていないので、何とも言えないのですが、
デビルメイクライみたいな臭いしかしないんですよね。

まぁ、そんなこんなな感じのドラキュラですが、
最近、360で月下の夜想曲がダウンロード販売がされていた様子で、
それをちょいとやってみたいな、と思っただけです。
今までアクションだけだったドラキュラが、
RPG要素を加えたアクションになった、と言うのは面白かったのですが、
やはり鞭でペシペシやるのがドラキュラ、と思っている為か、
微妙に好きなのか嫌いなのか解らない作品ではあります。
悪魔城伝説のアルカードとは、似ても似つかないイケメンなのが謎。

そう言えば、ドラキュラのオフィシャルサイトにドラキュラの年表があり、
簡単な物でしたが、何だか見ているだけで面白かったです。
自分がプレイした事ある作品の間に、プレイした事が無い作品が来ると、
どうしてもその作品が気になってしまいます。
でも、プレイする気は、更々無いですけどね。

~虫姫さま ふたなり~
サントラが出る様子ですが、
ゲーム自体を大してやってないと言うオチ。
まぁ、置いてあるゲーセンに行かないので、
プレイしていないのも当然かと。
マニアックで5面までしか行った事無いです。

出血簿:飲み物&お菓子

『ペプシNEX ZERO』(サントリー)
ペプシNEX ZERO
NEXのカロリーカットの物の様子で。
味の方は、駄菓子にある粉コーラの様な味に似ており、
安物の甘味に、酸味が混ざっています。
酸味にレモンを使っている様子で、
コカコーラにもあった、レモンやシトラス系の様に、
変な甘さになっている様に感じました。
何と言うか、カロリーオフだのゼロと称している飲み物は、
甘味料のせいで、味が安っぽい感じなんですよね。

『午後の紅茶 ピーチメルバティー』(キリン)
午後の紅茶 ピーツメルバティー
パックの午後ティーは、
正直、普通に出せない様な味の物を出してくるなと、
毎回思うばかりです。
今回の物も、苺と桃を混ぜたとか言う過激な味で、
とてもじゃないですが、キリンとは思えない味です。
乳酸系の無いイチゴオレと桃天を混ぜたと言うのが、
手っ取り早い表現かと思います。
後味にだけ、若干紅茶の苦味がありますが、
元々が非常に甘く、全然紅茶っぽくありません。

『ピノ 抹茶』(エスキモー)
ピノ 抹茶
期間限定でのピノの抹茶味。
抹茶味と言うのは非常に好みなので、
どんなアイスでも、抹茶味があると、ついつい食べてしまったり、
出てくれないかと期待しています。
特にMOWと雪見大福の抹茶味を期待しています。
まぁ、そんな事はどうでも良いとして、
肝心の味の方ですが、やはりピノと言う感じですね。
普通のバニラ味のピノに、抹茶の味を足した、としか言えません。
むしろ、そのシンプルさがピノの売りなんだと思います。
どれを食べてもピノだなと解る様に。
前のイチゴの様に、特別美味しいとは感じませんでした。