FC2ブログ

R-T-A Diary

リアルタイムアタックな日記では無く、日々をアクセル全壊で空ぶかしをしている様な日記ですので、間違われた方はCTRL+Wで。。

PS2

ピックの調子が悪いと言われ持ち帰り治療するも、





PS2

今は、この様な現状になっている。

ピックどころじゃないよ!!
と言いたくなる状況ですが、

PS2 FAN

ファンのケーブルが断線してしまった為、
ヒートシンクを冷却出来なく、熱暴走で勝手に電源が落ちる。
自然冷却で何とかならないか?とケースを開放するも、
やはり室温がイマイチだと無理な様子で、結局は落ちる。
むしろ、危険な状態になって電源が落ちると、
電源ボタンのLEDが赤く点滅する事を知ったので、
ある意味特をしたのかもしれない。
とりあえず断線したケーブルを直したのだが、
ファンが動く気配が無い。
ファン制御の回路ごと逝ったのかもしれないが、
とりあえずは、再度ファンを直す事を考えよう。
それでも駄目な場合は、ジャンクの本体を探して、
最悪の場合は、新しい本体を買う事にしよう。

パプリカ

アニメーション映画の方ですが、
少々興味があった為に、観てみる事にしました。

話が始まり、
最初は訳が解らず、
朝方と言う事もあってか、頭が働いてないせいだろうと思えど、
幾ら見続けても訳が解らない。
後に、訳が解らないのでは無く、
そう言う風な作品である為に、
自分がそう感じているだけである事は気付いた。
やはり頭を整理すれば、大体の事は理解出来てきた。
でも、大まかなストーリーの流れくらいしか解らず、
キャラが何をしている、何を考えていると言う事は、
作品内で語られてない部分が多い為、
原作を読まない限りでは理解出来ないであろうと思った。

見終えた後に最初に思った事は、
この監督は天才だな、と言う事だった。
正確に言えば、自分がそう感じているだけであり、
自分が好む作品作りが出来る監督だと言うだけの話。
今敏と言う名前も、
一緒に見た友人同様、
読み方も解らなければ、
どれくらいの作品に関わっているかも知らない。
知っている限りで言えば、
「東京ゴッドファーザーズ」と「妄想代理人」くらいである。
まぁ、これを機にと思い、
今までどの様な作品を手掛けてきたのかを調べる事にした。
漫画家を経由した後、アニメーション監督になっている様だが、
東京ゴッドファーザーズ以前に手掛けた作品が、
「パーフェクトブルー」「千年女優」とあり、
どちらも大が付く程好みな作品であった為に驚いた。
むしろ、作品名を言われれば、納得出来る作品ばかりだ。

結果的に、結構前から知っていた監督ではあったが、
今後、監督として作品を作ってくれる事に期待するばかりだ。

ここ最近

Q.MI2をやり続けて出た結果

A. 2DのKOFがスロー再生?と思うくらい遅く感じる様になった





正直、02で超遅いと感じる様になってしまったので、
2000とかじゃ、どうしようもない状態に感じる気がしてきた・・・。