FC2ブログ

R-T-A Diary

リアルタイムアタックな日記では無く、日々をアクセル全壊で空ぶかしをしている様な日記ですので、間違われた方はCTRL+Wで。。

ちょろちょろっと映画なんか

一昨日、新宿へ出張だったのですが、
行った先が冷房がよく効いていた為か、
見事に風邪をひいたりする。
その時の周りの人は皆上着を脱いでおり、

(アンタら寒く無いんか・・・)

と、心の中で思いながら震えつつ、
ご自由にどうぞと言わんばかりのコーヒーを飲みまくる。

7時過ぎに帰宅後、
疲れもあってか12時くらいまで軽い仮眠を取る事に。
起床後は、非常に身体がダルいのが解りつつ、
再度就寝して翌朝を迎える事になるが、
案の定と言う感じの頭痛と倦怠感があり、
そのままくたばる事にした。
日中、佐川のオヤジが宅急便を届けに来て、
中身がビーマニなのは解っていたが、遊ぶ気すら起きない。
そのまま夕方まで死んでいたが、
晩に映画を観に行く約束をしていた為、
何とか体調を整える事にした。

風邪薬なんかを服用しまくる1日でしたが、
夜にはそこそこ良い感じだったので出掛ける事に。

で、観た映画は「ランボー」
何でまた映画化するんだ?と思いつつも、
とりあえず楽しみにはしていた。
スタローン自体、もう良い年なのは解っているが、
過去作品には無い身体の大きさが今回はあった。
普段行っているコナミのジムでも、
スタローンが映画撮影の為にトレーニングをしており、
その際服用しているプロテインの紹介の映像の中で、
相当な身体の大きさになっているのは知っていた。

映画の内容自体は、
現実の紛争問題を考えさせられる感じの映画であり、
こう言う事が今も何処かの国で行われているのかも、
と考えると、気を確かにしていられない感じです。
ただ、やっている事は非常に単純な内容なので、
単純な傭兵戦争映画が好きな人には良いかもしれんが、
考えて観る人にはオススメできない。

この映画に、R15の年齢制限が掛かってたのですが、
プライベートライアン以上に表現が過激で、
どうして年齢制限があるのも理解出来ましたと。

狩猟出血簿【自慰】 第五百三十回

ここ最近やった事をちょろっと。

~モンスターハンター~
ようやくと言う感じで村上位を全部終わらせたので、クエ登場。
マ王で寝落ちするとか言うアクシデントも合ったりもしましたが、
武器は剛弓Ⅱを担いでクエ受注。
スキルは回避性能+2と集中。
普段使用しているマイセットから使っただけなので、
属性強化も付いてたんですが、剛弓Ⅱなので関係無いと。
咆哮は、レウスのを回避性能+2で避ければ良いだけで、
ティガとナルガはクリ距離が咆哮の範囲外。
ラージャンに至っては、勝手に自分から遠ざかるので無視。

・レウス
モンスターハンター レウス
エリチェン間際に武器出しをする癖があるのだが、
エリアに入るとノーモーションタックルで突っ込んで来て、
壁際でふっ飛んでいる為、早々に死にそうになった。
普通に処理をしていたが、段々と面倒になって来たので、
閃光玉を投げまくって、撃墜しまくる事にした。
ピヨっている所に強撃ビン付けて頭を狙いまくる。
普通に処理するなら耳栓が欲しいなと思った。
最初のデカい被弾以外は無く、7分程で討伐。

・ティガ
モンスターハンター ティガ
追いかけっこがとにかく面倒に感じつつ、
それ以上に連射のクリ距離以外に走られるとどうしようもない。
弱点の頭は狙い難いので、同じダメージが入る後足を重点的に。
ドリフトなんかの振り向きに当てるのは慣れているのだが、
如何せんダメージが入っている感じが全然無い。
G級を百獣王なんかで処理する時は、非常に感触があるのだが。
後は、ティガに対して右回りで歩く理由も、何となく解った。
時間は16分程と、結構掛かってしまった。
強撃ビンをここで使うべきだったかなとも思ったり。

・ナルガ
モンスターハンター ナルガ
普段から回避性能なんか付けないで相手にしているせいか、
回避性能+2を付けていると、攻撃が当たると言う事が無い。
・・・なんて適当プレイしてたら、
避けれないと解ってる攻撃にまで突っ込み、被弾しまくる・・・。
何度か被弾はしてしまったが、立ち回りは普段と変わる事無く、
普通に頭と尻尾を破壊して13分程で討伐。

・ラージャン
モンスターハンター ラージャン
そろそろ目を瞑っても倒せるんじゃないのか?
と思うくらいやっている為、何も苦戦する事無く6分程で討伐。
正直、最後が一番楽だったのは、言うまでも無い。


と、そんな感じで、

鷹見のピアス
ようやく鷹見のピアスを入手。
必要無いかな?と思ってた装備ですが、
意外と自動マーキングを付けると出来る事があるみたいで、
それらをちょろっとやってみようかと思う。

~ウカム~
ウカム裏世界1
裏世界をやってみたが、
練習次第では、成功率は上がりそうな気はする。
亀裂の右側が良い感じかなと。

ウカム裏世界2
ウカムの潜行中の処理が見れたりと、中々面白いですし、

ウカム裏世界3
何処までも走っていけそうな雰囲気です。

ちなみに、
この時は完全に壁の向こう側にウカムが居て、
モーションが何も見えない状態からブレスを吐かれ死亡。
回避性能は付いてたが、まぁ反応出来なかったと。

~キリン~
ふっ飛ぶ原理が解説されている動画を見て、ようやく理解した。
言われると確かにと納得出来るが、言われないと解らないかと。

~おまけ~
剥ぎ取り
何処を剥いでるんだ?と言いたくなる。