FC2ブログ

R-T-A Diary

リアルタイムアタックな日記では無く、日々をアクセル全壊で空ぶかしをしている様な日記ですので、間違われた方はCTRL+Wで。。

02UMしたらばにて

マルチな書き込みがあったらしく、
管理スレに報告が書かれてたんですが、
以下抜粋

-----------------------------------------
71 名前:KOF2002UM大好き名無しさん 投稿日: 2009/04/23(木) 22:08:20 ID:
マルチポストによる宣伝が発生しているようです。
本文がURLへのリンクに誘導しようとしているため宣伝と判断しました。

矢吹 真吾スレの>>31、KUSANAGIスレの>>63、
包スレの>>123など、isikawaという名前での同一の文章の書き込みがそうです。

おそらく他のスレにも書き込みがされていると思われますので、
削除をお願いします。
-----------------------------------------



あれ?



この名前・・・知ってるぞ?

仰け反り三闘神

勝手にそう呼んでいるだけ・・・。

旧作品だけど画像を作っておいた。
ってか、昔にもやった様な気がするが、
そうだった場合でも気にしないでおこう。
とりあえず、あくまで参考程度に。

検証内容:端密着で庵の近Cを当て、ヒットバックの1フレ目
(赤と青は単純に色分けしているだけで、共に食らい判定です)

~横幅~
仰け反り三闘神+候補+凡人 横幅
圧倒的に屈ジョンが仰け反っている。
続いて屈パオ、クリスの順ではあるが、
前方向にも出ているのはクリスである為、
前後にある点は優秀かと思う。
屈ジョンと屈パオは、脚元の上に判定が無いので、
完全にめくり限定か、持続を置く使い方しか出来ない。
ちなみに、ぶつかり判定は左に赤い線を引いており、
全員前の部分が一致している。
ただ、02UMのパオの判定は、
全体的に画像での判定が前に移動してる感があり、
仰け反り部分の上半身はクリスと同じくらいで、
足元の判定に関しては、更に下に小さくなっているかと。
コマ投げで投げられる判定が広いと言われてるが、
ぶつかり判定も前に出ているのかもしれない。

追記:
通常キャラが居ないと比較にならない為、
元主人公とSNK最強のニートを追加

~縦幅~
仰け反り三闘神 縦幅
前2キャラはしゃがんでいるのだから、
上に判定が無いのも当然である。
マチュアやウィップみたいな発動ジャンプ攻撃は、
前2キャラには向いていない。
やはり、完全にめくり限定と言える感じ。

~補足~
この3キャラに続いてテリー、屈チャンと続く感じ。
テリーの最大仰け反りはクリスを越えるのだが、
その時間が短過ぎる為、余りにも使い難い。
屈チャンに関しては、前後だけでなく上にもデカイが、
その前後と上を全部使う機会が少ない。
横だけで良いなら、屈ジョンを使えば良いし。

天堂寺恵

気になって朝っぱらからCDを漁ってみたが、
清涼と炭酸のジャケ絵を見れば、
天堂寺恵の髪の色が緑なのが容易に確認できた。

やっぱりアニメの方が変更されているのだが、
あの色をアニメで表現するのは変と言う事であろう。
他、インタプリタとも被るってのがあるだろうし。

破壊と創造の神

破壊と創造の神
太陽の塔

と言う感じで、見よう見ようと思ってたCOMPILERのDVDを見る。
OVAになった物が全部詰まってるとかサービス良過ぎ。
残像が残ったりと映像が若干汚いのは目を瞑る事にするが、
懐かしいスターチャイルドなSEが一杯使われており、
そう言う方面でも懐かしかったり。


どうでも良いかもしれんが、
陽の章を見て、当時は大阪に行ってみたいと思ってたりした。

陽の章と言えば、
大阪の守護神
何で道頓堀からカーネルサンダースが出てくるのかと、
何年も疑問に思っていたのだが、
最近のニュースでようやく理解した。



一緒に入っているMusicClipも懐かし過ぎた。
当時、店でいきなり発見して、
アニメ化してたのかと急いで買ったのだが、
実際には全然違ってガッカリした記憶がある。
映像は、コミックの話に着色している物だが、

MC アセンブラ
何度見ても金髪のアセンブラは変な感じがする。
別作品のキャラに見える。

Festa アセンブラ
やっぱ、この髪の色じゃないとらしくない気がする。
髪の色と言えば、

MC 天堂寺恵
こちらも酷いとしか思えないんだよね・・・。

Festa 天堂寺恵
でも、確かアニメで黒に変わった気がするんだが、
いまいちその辺が覚えてない。

まぁ、何にせよ、安い買い物で懐かしい気分に浸ったもんだ。



おまけ
江古田
当時、高校くらいだったと思ったが、
それから10年後くらいに、
この街に頻繁に行く事になるとは思ってもいなかっただろう。