FC2ブログ

R-T-A Diary

リアルタイムアタックな日記では無く、日々をアクセル全壊で空ぶかしをしている様な日記ですので、間違われた方はCTRL+Wで。。

3D

アリスを観る序に3Dを初体験して来ました。

結果から言えば、
技術的には凄いと思う映像になってると思いますが、
もう観たいとは思わない、と言うのが自分の感想です。

映像に関して凄いと思ったのは、
処理を掛けている物に対し、
全部に立体感と遠近感の前後があると言う事です。
実際に立体感ある感じの処理になっているのは、
純粋に凄いと思いました。

ただ、全てがジオラマっぽく安く見えたりもすれば、
言ってしまえば、飛び出す絵本に見えなくも無い。
また、焦点を何処に合わせれば良いのかが解らない。
人物に焦点を合わせると字幕が見えない。
今まで見ていた人物の前に別の何かが来ると、
そこで焦点が崩れるので、一瞬で映像がぼやける。
他、フレームレートが落ちた映像の様にも感じる。
60フレームを45~30にした様な感じ。
何かカクカクしてないか?と思う事は何度もあった。

映像に対して物凄く後ろから、
視野角に小さく収めて見るなら良いかもしれないが、
映画館の様な巨大なスクリーンで見ると、
迫力は凄いのかもしれなが、
目で見た映像情報が、
瞬間的に脳で処理出来ないのでは、と思った。

技術的には凄いと思うし、
映像の迫力もあるので、悪い訳では無い。
ただ、普段、自分の裸眼で見ている目の前と、
平面に処理を加えて立体視に見せている物とでは、
やはり大きく違うが故、
今は素直に良い物とは思えていない。
今後の技術で、
これらがより裸眼で見ている物に近い状態になれば、
その時に初めて良い物と言えるかもしれない。
それまでは、今まで通りの映像の物を見続けるでしょう。

アリス・イン・ワンダーランド

公開から大分立ちましたが、ようやく観て来ました。


で、手っ取り早い感想を言えば、
何となく観た感じが楽しめる人なら面白い、
中身を考える人には中途半端な作品に思えます。

「不思議の国のアリス」と言う作品を知っている人なら良いが、
知らない人は全く解らない展開が多いと思う。
とにかく内容が飛び飛び過ぎて、保管が必要である。
登場人物と経緯の説明があれば、もっと面白く感じたかと。



後、ジョニーデップが主役の映画なんですね、コレ。
は?って気分になりました。