FC2ブログ

R-T-A Diary

リアルタイムアタックな日記では無く、日々をアクセル全壊で空ぶかしをしている様な日記ですので、間違われた方はCTRL+Wで。。

今日も食って食って食いまくる

腹ペコ王には程遠い。


ファミマで売っていた物。
こんな物まで作るのかと思ったが、コンビにのデザートにしては濃い目に作られている。
掛かっているソースや、中のチョコクリーム、スポンジもしっかりチョコの香りと味がしている。
チョコケーキとしては美味い方だと思うのだが、如何せん、量と価格のコスパが悪い。


パッケージの写真からは美味しそうな味を想像出来るかもしれないが、
実際に食べてみると、チロルチョコをアイスにした、みたいな物寂しい感想が浮かんだ。
非常に菓子っぽい味がする。


オレンジジュース系にしては、とても果物っぽさが出ているなと感じ、その上で甘すぎない味。
後味にすぅ~っとした酸味と言うか香りと言うか、そんな感じ物が残るので、とても飲み易い。
個人的には好ましい味。


パッケージの見た目からカルピスと言う事を忘れていたが、一口飲んで思い出す。
「香ばしく焦がしたキャラメルとカルピスの新しいおいしさ」
と言う商品説明が書いてあるが、まさにその通りである。
ただ、混ざっておらず、2つの味が別々に存在しているので、何も面白く無い。

とりあえずピンクっぽい物ばかり


サクラは、桜餅のあの香りがとてもよくするソースが入っているが、
ソースを混ぜると、あの香り以外しないと言う強烈っぷりな上に甘味も強いので、中々くどい味。
ソースがサラサラなので、少し解けると開封時にこぼれそうになるので注意。

ローズは、ソースの一口目に花の香りが凄いすると思ったのだが、
二口目からは、アイスのベリー系の香りに隠れてしまった。
アイスは酸味と甘味が良い感じに混ざっているが、梅が極端に苦手な人は拒絶するかも。


先日のオレンジと同様に、ベリーの酸味がチョコに非常によく合っている。
個人的には、こちらの方がより良くチョコの甘味を堪能出来るかと思う。


アッサリ系の桃味炭酸飲料。
ただ、水っぽいと言うわけでは無く、桃の味はしっかりしているが、
後味がサッパリしているので、飲み易い感じである。


こっちは、少し濃厚系の桃味炭酸飲料。
上記の商品に比べて濃い目なので、桃味が好きな人にはこちらの方が良いかもしれない。
流石に濃いと言っても、ネクターほどまでは行かない。


ネクター


臭いと言いたくなるほど、妙に花の香りがする。
相変わらず紅茶花伝なのでサラサラ。
後、飲んでいて思うのは、プロテイン系の粉っぽさが感じられるのだが?

SH-02E

改めて同じ機種でOSのバージョンが違う端末を用意して比較してみたが、
ここまでOSの違いによる性能差を感じるとは思わなかった。
4.0.4から4.1.2にアップデートする事で、使い易くなる機能は増えているけど、
根本的な内部処理がクソ化している事が解った。

とりあえず、省エネ目的で処理速度を尾としている様に感じる。
一番酷いのは、やはり通信が急に出来なくなる現象だろう。
古いOSだと、ナニソレ?と言いたくなるほど現象が起きない。
序での描画処理も、15フレームと30フレームくらい体感で違う。

真面目にOSのロールバックを希望したいわ。

休みを有意義に使ったのか解らない日曜日

とりあえず早朝帰宅の後、昼過ぎまでグースカ寝ていたので、
その後に色々と溜まった物を消化しようと頑張ってみた。

録画物の消化は勿論だったのだが、
少々借り物もあったので、そちらも一気に纏めて見る事にする。


~プリズマ☆イリヤ~
正月に借りたBDをそろそろ返してくれと言われたので、
借りている巻を一気に見てみる事にした。

プリズマ☆イリヤ 藤村大河プリズマ☆イリヤ リーゼリット
いきなり可愛いキャラが出て来て困った。
大河は、相変わらず伊藤美紀のぶっ壊れた演技のお陰で良いキャラしている。
リーゼリットはぶっちゃけ、最初は誰だか真面目に解らなかった。
とりあえず、どっちのキャラも可愛いが、恐らく大河に軍配が上がるだろう。

話は、ギャグ交じりのプリティーサマー系だと思っていたのだが、
割と本家の話を弄って作られているなと思い、本家を知っていれば楽しめる要素も多いと感じた。
軽いノリの話で進んで行くのかと思えば、4話目辺りから路線が脱線(?)し始めて、
別な意味で面白くなって来た。

プリズマ☆イリヤ オルタ 1プリズマ☆イリヤ オルタ 2
オルタ自体は、甲冑デザインなどから格好良いキャラだとは思っていたけれど、
こういった良い作画で絵になる事が無かったので、余計に格好良く感じたり。

6話を見ていて思ったのは、
衛宮士郎と言うキャラの話、設定は関係は無く、『アーチャーの設定』だけが輸入されており、
あの様に使われてたのが、アーチャー好きとしては少し残念に感じた。


放映当時は、気にはなってたけど見る事に抵抗があった作品だったが、
見てしまえば面白いと言う風に感じた。

ただ、Fateと言う作品補正が入っていないとは言い切れない・・・。


~ぷちます!~
まさか連れが買っているとは思っていなかったので、BDを借りて来る。
最初は、何ともスピンオフ作品だなと感じ、面白味を余り感じなかったのだが、
2巻辺りから段々と笑える内容になって来たなと感じた。

通常再生が、チャプター再生と言うのが謎過ぎる。
一気に全編再生するディレクターズカットが無ければ、真面目に見るのがダルかっただろう。

ぷちます! 菊地真
ここ数年、2の髪型ばかり見ていた為か、パっと見で誰だか解らなかった。



録画物も一通り消化したので、そろそろ感想でも書く事にしよう。
前のページ