FC2ブログ

R-T-A Diary

リアルタイムアタックな日記では無く、日々をアクセル全壊で空ぶかしをしている様な日記ですので、間違われた方はCTRL+Wで。。

HW-01E

昨日に代替機で借りて来たこの機種
今朝方、出勤中の電車でポチポチとWebを閲覧していたら、
本体背面が物凄く熱くなり、真面目にこの熱量はヤバいだろうと感じた。
Youtubeやストリーミングを見ていたとかなら解らなくも無いが、
一般的なWebサイトなので、普通の通信でも相当な発熱が起きるのかと思い、
最初のF-10D以来の端末の温度調査をしてみる。

内容としては、本体を綺麗に初期化し、何も設定しない状態にする。
それからLTE回転でドコモの基本アプリを落とす通信をやってみる事にした。





HW-01E 通信時の端末表面温度

その結果がこれだよ!!
馬鹿かよ!!って真面目に思った。
右のバーは、大体この色の範囲は、バーに書かれている数字の温度になっていると言う事だが、
上限の色は白で、48℃と言う数字が書かれているのに、端末の右上の方は白くなっている。
ちなみに、色の上限値を48℃に設定しているだけで、48℃以上でも同じ色で表現される。
つまり、通信中の端末背面の右上付近は48℃、若しくはそれ以上の温度になる事がある。

44℃を6時間触れると低温火傷すると言われ、
それ以上は温度は1℃上がる度に低温火傷になる時間が短くなってくる。
常に端末は48℃と言う事は無いだろうし、48℃をどれくらい触ると低温火傷するのかも解らない。
この端末だけが、もしかしたら熱いだけなのかもしれない。

が、この温度はF-10Dよりも熱いんですけどね・・・。
結局、こんなの熱くて使ってられないよと、別の代替機と交換。
xi端末が無いとの事でFOMAの端末を出されるが、熱い(動きが重い)より、遅いを選ぶ。



3Gのみで色々やってみたが、LTEってのがいかに速いかを理解した。

携帯がまた入院

今回は故障とかでは無いのだが、
2週間くらい前に修理から返却されて、今になって気付いた事があった。

自分の携帯は、お馴染みのクソ携帯SH-02E
最近、自分の中ではF-10Dの方が良かったんじゃ?なんて思う事すらある。
端末の構造は、

・液晶側の表面
・バッテリー側の裏面
・裏面を覆うカバー

の3段構造になっている。
自分が使用しているのは、下記の写真の中にある白なのだが、

SH-02E 本体色と場所提示
今回、見つけたのは画像の矢印で指している、2段目の「バッテリー側の裏面」の部分。
この部分が、何故か若干の赤みを帯びており、言ってしまえば薄いピンク色になっていた。
最初は、何かインクだのが擦れて色が付いてしまったのだろうと思っていたが、
部分的ではなく、外観から見える部分にほぼ色が付いており、ぐるっと1周してしまっている。
完全に裏側の部品のみ、色が違うのがはっきりと解る感じになっている。
見た目では、白・薄ピンク・白、みたいな3段構造になってしまっていた。

まぁ、正直言ってダサい・・・。

流石にこれは・・・と思って、お馴染みのドコモショップに行く事に。
完全に顔を覚えられているので、店先に行くなり担当していたスタッフの人の名前を出されるが、
今回は別件なので誰でも良いと話を通してもらう。

担当になったスタッフの方は、長い事、ドコモに勤務している様子で、
過去に検査などの仕事もやっていたのか、非常に携帯の仕組み自体に詳しい様子。
ちなみに、このスタッフの方も、色が赤みを帯びていると判断をしたのだが、

「これが仕様の範囲なのかもしれない」
「決して色ムラが無いとは限らない」
「製造はメーカーなので、ドコモ側としては判断し兼ねる」

と、何かと「メーカー」を表に出し、オブラートで言葉を包みながら話してくるので、
その態度が逆にイラっとさせるのが困る。

メーカーのセンターに問い合わせをしても、そう言う情報が無いと言われたのだが、
その『センターに情報が無い』と言う魔法の呪文を長い事言われ続けており、
真面目に訳が解らんのだが?と質問をしてみる。

自分がドコモへ報告している症例と同じ状態に友人がなり、
ドコモショップへ出向けば、「そんな情報は上がっていない」と返答された事が過去に何度かある。
あれ?自分が報告した内容は?ってなるわな。
そうしたら、ドコモショップから質問や報告をするのはドコモ本社とメーカーのセンターの2つがある様子で、
メーカーに情報が行ったら、ドコモ本社には行かないらしい。
で、ドコモ本社に行けば、そこで判断され、メーカーに行くか行かないかが判断されるらしい。

マジ、ふざけてんの?としか言えない。
私達も報告したら、その後、情報がどちらに行くかは解らないみたいな事を言われ、もうブチギレ寸前ですよ。
それから当初の本体色の話から脱線し、過去の不満をぶちまけまくったのだが、
過去の診断結果は全てメーカーが言っているので、ドコモでは判断しかねる、みたいな同じ態度ばかり。
別のスタッフはドコモのサービス部門が検査をしていると言っていたのは何だったのだろうか?
もう色々とウンザリだよ。

そんなこんなで脱線から路線を戻して来るが、
そもそもにして、本体色が白い塗装なのに、何故に「」が混じるのかって話。
別の本体色に赤があるので、どう考えても工場の製造工程に問題があるとしか思えない。
それでも、吹き付ける部品によっては、色ムラが出る、などの返答をしてくるのだが、
金属フレームに赤いマスキングでもしない限り、赤みなど出て来るはずも無い。
と言うか、こんな色になっている物、明らかに検品ではじくレベルである。
それが出来ていない製造メーカー自身と、
メーカーが提供して来た製品に不具合レベルの症例があっても、販売しても良いと言うドコモ。
どちらもお粗末過ぎてヤバイ。

とにかく、こんなダサいのは嫌だからと、メーカーに調査に出す事にした。
これで『仕様です』で帰って来たら相当クソだと思う。


調査に出している間、代替機を借りる事になったのだが、
HW-01Eとか言う機種を借りれど、こんなメーカーも機種も聞いた事が無い。
スタッフにもどう言う機種なのかを説明してもらったが、

「電源を付けてから7秒くらいで立ち上がる」

などと、物凄い早さが売りである事を言われるが、
スマートフォンって電源を落とす事、殆ど無いよね?と聞けば、「その通りなんです」とか言われる始末。
まぁ、実際に起動は物凄く早いと思う。
ただ、起動した後の通常使用のモッサリ感が半端無い・・・。
何と言うか、常にメモリキャッシュを開放しているかの様で、
どのメニューやアプリを開くにしても、0.5~1秒くらい掛かっている気がする。
おまけに背面がクソ熱いと来たもんだ。
帰りの電車の中、LTE圏内に居ても、常に3G帯域の他、電波のオンオフを繰り返す始末。

早速、クソ端末だと判断した。