FC2ブログ

R-T-A Diary

リアルタイムアタックな日記では無く、日々をアクセル全壊で空ぶかしをしている様な日記ですので、間違われた方はCTRL+Wで。。

年末からのF

年末から再開したフロンティア。
復帰した理由であるランセ装備も、何とか剣士とガンナーの両方分の素材は集め、
パートナーに着せる為の一式分は用意出来た。

蝕の訪れしとき


みんな大好きアスールのリリファインなのか、
割と外観は可愛い感じになっているので、クエ中のチラ見で更にクエのやる気が出る。
アスールの脚がオーバーニーだったので、あまり好きでは無かったのだけど、
まさかのガーベル&超ローレグになってしまい、真っ先に変更する事となる。
腰は大分スカートが短くなったが、形はアスールの方が個人的には好き。
ただ、色がアスールとランセで微妙に違うので、色合わせの為にフルランセになってしまった。
顔パーツは、気に入った可愛い感じが無いのでイメチェンする気になれず、
せめてボイスだけでも変えようかとは思うのだが、これもまた良い感じのが無い。
こう言う時、パートナーの性別を若本規夫とか玄田哲章、
諏訪部順一や小山力也の声がある男キャラにすれば良かったと後悔する。
プレイヤーの方は、田中理恵で某桐条的なボイスがある為、ランス担いでるので丁度良い。


そんな悩みの元になったクエスト内容も、
本家の飢餓ジョーに相当するジョーが、狭っ苦しい闘技場で2頭混戦の阿鼻叫喚で、
PTの募集は薬草学の保険と閃光による拘束が多かったが、ほぼ正解だったかと思う。
1体目の処理さえ出来てしまえば、後は普通にジョーを相手にするだけなので、
とにかく最初の1体目の処理が如何に早く出来るかが勝負なクエスト内容だった。

以前の鬼神Gと比べると、閃光で拘束しづらいラージャンが2頭混戦と言う状況と、
2体目が赤ラーと同じく怯まなくなる仕様だったし、色々と事故率が高かったので、
根性貫通の即死が無かった事が唯一だが、クエスト内容自体は以前の方が高かったかと。
防具生産の為の素材がクエスト報酬で確定だったから、それ程回数をやらなかったけど、
今回と同じ様にクエスト報酬10%だったらと思うと、それは絶望しただろう。


ランセG

開幕のこの構図は、もうしばらく見たくない・・・。
本家みたいに2頭だから片方が体力少ないとか言う設定もないのも泣きそうだった。

体力全体防御率4G 1頭 比較4G 2頭 比較
4G ギルクエ Lv.140 1頭153120.55--
4G ギルクエ Lv.140 2頭107180.55--
MHFG 蝕ジョー279990.382.643.78
MHFG 蝕ジョー(金)300000.157.1810.34

4GとFで同じダメージが与えられた場合を想定して算数してみたが、
単純に1体に2~3倍の労力が必要な酷い仕様。
同時配信されていた素材確定クエのジョーと比較したら、更に酷い数字が出て来た。
この固体を2頭同時で10分制限とか、完全に悪ふざけ設定としか思えない。