FC2ブログ

R-T-A Diary

リアルタイムアタックな日記では無く、日々をアクセル全壊で空ぶかしをしている様な日記ですので、間違われた方はCTRL+Wで。。

14の空コン

文句を言いつつ、何か無いか?と、コンボ練習している日が続いているが、
14の空中コンボって、技Aを当てた後、別の技Bを当てられる食らい判定の時間と、
同じ技Aを当てられる食らい判定の時間が別々に設定されているのか?
特定の高さで他の技は当たるのに、同じ技は当たらない、みたいな現象が多く感じられる。
気のせいかもしれないけど、気のせいじゃないって感じる事の方が多いので、
正直、この辺は開発からムックを出すなりして、説明が欲しいところである。

とりあえず、色々なキャラを触り始めてはいるが、
昔の作品の基本コンボと同じ事は出来るけど、
少しマニアックな内容になると全く出来なくなる感じ。
最初、コンボはそこそこ出来る作品なのかな?と思っていたが、
段々とストⅤみたいに出来ないゲームなんだなと思い始めた。

穿弓腿とか何に使うの?
って感じで使い処がよく解らない技も多い。

14の調整

1.03, 1.04の調整内容を見ていると、
本当にネットで言われた事だけ直している様に見えて来た。
開発側が何が大丈夫で、何が駄目なのか、
正常な判断がされている気配も無いしね。
完全にユーザーと言う他人任せにしている風にも思えてしまう。
有料デバッガーじゃないんだよ。
危ない部品を報告しなかったら、
次のアップデートがあったも華麗にスルーされるんじゃ?
なんて思い始めたので、ちょっと1.05に期待したいかも。


とりあえず、普通のコンボもやってはいるんだけど、
元主人公のK'が、ここまで面白く無いと参っちゃうね。
セカンドシュートの存在感の無さが半端無い。

ずっとこの時を待っていた・・・

ハートキャッチプリキュア! Blu-ray Box 1
:ハートキャッチプリキュア!Blu-rayBOX Vol.1:

5GoGoが終わって離れたプリキュア熱を再燃させてくれたありがたい作品。
最初はフレッシュ以上の抵抗があったのだが、段々と見慣れて気にならなくなった。
と言うか、見慣れて抵抗が無くならないと見れない作品だとは思う。
絵は癖があるのだけど、話の内容自体は各話でよく出来ており、
話の始まりも、一番最初にムーンライトの話から始めるみたいな流れは、
それまでのシリーズでは無かった展開であり、
似た様な事をしたドキドキやハピネスチャージは、確実に構成が劣っていると思う。
主要メンバーの全員が弱い部分があり、それらもしっかりと話の中で語られており、
作品としては凄く面白いとシリーズだと思っている。

フレッシュどハートキャッチは、どうしても絵に個性がありすぎるので、
それで敬遠している人が多少は居ると思うのだけど、
自分としては、それを補うくらいの話の面白さが両作品にはあると思っているので、
もし、気になったと言う人が居たら、是非見て欲しいと思っている。

まぁ、ハートキャッチの2つ後のスマイルが、一番入門し易い作品だとは思うけどね。
キャラクタも割と今風の絵だし、内容も面白いよりも楽しい寄りだし。



ハートキャッチプリキュア! Blu-ray 来海えりか

久しく忘れていた可愛さだよ。


それよりもBlu-rayのぶっこ抜きが出来なくなったので、ちょいと困ったり・・・。
まさかテレビ画面にカメラを向けるとは思わなかったね。

お買い物♪

最近の買い物をちょろっと。


ラジエーションハウス (2)
:ラジエーションハウス (2):

何時の間にか2巻が出ていたので急いで購入。
登場人物の状況がどう言う風なのか?と言うのが段々と紹介され始めたが、
本編となる話の展開が物凄く遅い事が少し不満である。
ただ、話の続きが凄く気になる事は確かなのと、
他の医療漫画に無い放射線技師と言うキャラクタの役柄、
医療用語の解説が丁寧なので、とても読み易い作品である。


私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (10)
:私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! (10):

ようやく10巻と言う巻数だが、毎度毎度、読んでいて精神的に来る物がある。
最初は面白いと思って読んでいた作品だが、最近は中々そう感じるのが難しくなって来た。
未だにアニメ化されたのが嘘の様に思えてしまう。


一弘 - 生イキ孕まセックス
:一弘 - 生イキ孕まセックス:

ちょいとハード目な内容・・・と言うのは作品名で大体は解るだろう。
完全実用書籍と言うのが最も当て嵌まる作者だと思っているし、
商業も同人も楽しみの一つである。
素人にはオススメできない。


天野雨乃 - H3
:天野雨乃 - H3:

最初、「天野雨乃 新作(仮)」みたいな案内を見た時、
本当にコミックが出るのか?と疑問でしかなかった。
帯にも書いてある様に、前のコミックが8年も前と言うのが信じられないが、
それまで同人の方をずっと読んで居た為、全然、久し振りな気がしない。
商業では流石に描ける内容が限られているが、
それでも以前の作品同様にぶっ飛んだ内容を描いていると言う事に驚きである。
流石に同人ほどでは無いが、素人にはオススメできない。


煌野一人 - パラサイトクイーン
:煌野一人 - パラサイトクイーン:

約2年ぶりのコミックだが、コミックをペラペラっとめくって随分落ち着いた内容になったな、
と思ったのは間違いだった事に気付き、相変わらずな内容にとても満足な作品。
同系統だった新堂エルが、最近は少し大人しくなってしまった感じなので、
このままこの路線を貫いて欲しい作者の一人である。
割と過激な内容なので、素人にはオススメできない。



と言うか、素人にもオススメ出来る本を紹介しろよ?と一人で自問してしまったが、
そんな面白くも無い作品を買って自分が満足するはずないだろう?と自答しておいた。
前のページ