FC2ブログ

R-T-A Diary

リアルタイムアタックな日記では無く、日々をアクセル全壊で空ぶかしをしている様な日記ですので、間違われた方はCTRL+Wで。。

トラブルと説明不足

友人が自分の事の説明、伝達をミスって、
友人の彼女、嫁から変な印象を受けるのはコリゴリである。
何で初対面に近いのに悪い印象受けなきゃならんのだ?

お買い物♪

おしえて!ギャル子ちゃん (4)
:おしえて!ギャル子ちゃん (4):

3巻で作品終わっちゃうかも?みたいな展開ではありましたが、
その後も続いている様でありがたく思っています。
今回は、円盤が付属している特捜版もあり、
アニメの円盤を購入した事もあるので、そちらをチョイス。
こう言うコミックに付属してくるOADって、メディアの媒体がDVDな事が多く、
本編はBlu-rayなのに・・・と嘆く事がありましたが、何とBlu-rayな事に驚き。

内容は、2巻の夏休みの内容の様子だが、
生憎と電子書籍版でコミックだけ先に読んでしまった為、
付属のアニメは追々見ようと思っている。
漫画自体は、相変わらず短編日常系漫画なので読み易いが、
時々、考えさせられる様な内容や、ためになる様な事も描かれており、
色々な意味で面白い。今後も続いて欲しい。

お買い物♪

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS VIEWING REVOLUTION Yes! Party Time!!
:THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS VIEWING REVOLUTION Yes! Party Time!!:

VR版のオリジナル曲のCD。
最初の実装曲が、この曲を含め3曲しか無い事と、他2曲が既存曲と言う事もあり、
どうしてもこの曲の選曲頻度が増えてしまい、結果、CDの発売が待ち遠しかった。
曲自体は、765っぽい感じの曲とは散々言われていると思いますが、
とても楽しい感じで、曲中のシーンの切り替えなんかのノリやテンポが良く、
そこへ映像作品に凄く驚かされたと言う印象が強く、それも相俟って非常に好ましいです。

VRで視聴している際は、他に観客が居る、コンサートホールと言う設定の為、
周りの観客の声や、音響の反射や重低音などが上手く設定されています。
なので、CDに収録されている曲を聴くと、どうしても物足りなく感じてしまいますね。
これは、自分で加工してみるのも手かな?と思ったり。

一緒に収録されているGOIN'はDLCと同じキャラでの収録みたいだが、
元が12キャラと言う多人数で収録されているだけに、5キャラと言うのは非常に少なく、
各パートが少人数で歌われている事もあり、少し弱いなと感じました。
実際、VRで視聴すれば気にならないのかもしれないけど、
生憎と追加DLCが配信されるのは明日からの様子、残念。

もう1つのポンコツアンドロイドも同じくDLC版と同じキャラでの収録だが、
こちらは元々の5キャラから3キャラに減っただけなので、あまり気にならなかったり。
それよりも、映像の杏のモデリングを直して欲しいと願うばかりだよ。