FC2ブログ

R-T-A Diary

リアルタイムアタックな日記では無く、日々をアクセル全壊で空ぶかしをしている様な日記ですので、間違われた方はCTRL+Wで。。

メアリと魔法の花

映画としては楽しいとは思う。

ただ、正直に感想を述べると、映像作品として何が言いたいのかが解らない。
予告は殆ど見ていないので、映画を見て、初めてどう言う内容なのかを知ったけど、
活字だったら、その場面場面を文章から思い浮かべて楽しめると思うが、
映像になっている事で、その映像から伝えたい、表現したい事がよく解らない。

スタジオポノックと言う会社が何が出来るかを見せたい、と言う事なのか?
などと考えてはみたが、それはお粗末な思考だろうと思っている。
ただ、そう感じさせてしまう部分は、非常にあったりもする。

個人的には、ジブリの元スタッフ達が制作していると言うのなら、
何故、ジブリを感じさせる様な事をするのだろうか?と思う。
逆にジブリを感じさせない、これが自分達と言うのを表現した方が面白いのでは?
何だかジブリ作品の部分部分を摘まんで繋ぎ合わせている様にも思えて、
結局は、言われないと「ジブリ作品」と間違われてしまう作品かと。
今後、スタジオポノックがどう言う方向性で作品を作って行くのかは解らないが、
今後も同様な方向性だと、それは少し残念に思える。

まぁ、こんな感じです。
根本的に話の中で何をしていたのか、どうしてこうなったのか?が明確にならず、
消化不良が多過ぎるのは、元居た会社の作品同様か・・・と。


メアリを演じている杉咲花と言う女優は、とても可愛らしい声で演じており、
キャラクターに「アニメの女の子らしさ」を感じさせてくれるなと思った。
神木隆之介は、昨年に散々ヒットしたアニメのキャラクターを演じたせいか、
やたらと注目を置かれたり、神木隆之介が出ている作品なら間違いない、
みたいな意見を見た事もあれど、あの作品と声が全く同じにしか思えなかったり。
結局、キャラクターの役を「演じている神木隆之介」と言う感じで、
作品に登場している「キャラクターを演じている」と言う感じには思えなかった。