FC2ブログ

R-T-A Diary

リアルタイムアタックな日記では無く、日々をアクセル全壊で空ぶかしをしている様な日記ですので、間違われた方はCTRL+Wで。。

ミリシタのよく解らん仕様

今更になって、システム関連の仕様が解って来たのだけど、
何でこんな仕様にしたのだろう?と色々な疑問が出て来た。


Screenshot_20170723-224031.jpg

まず、システム関連の『劇場/コミュ画質』の選択箇所。
選択肢は「標準/軽量」と書いてあり、標準が綺麗で、軽量が圧縮された感じ。
BMPとJPGみたいな物である。
標準設定は軽量になっているので、データ通信量の事を考えれば親切設計にも思えたが、
標準と軽量の画質の違いは結構な差があり、標準に慣れると軽量は目も当てられない。
まぁ、その辺はデータ量の違いだから当然なのだが、一番謎なのはUIが標準の方が軽い事。
メニューから選べる画面やリザルトの処理速度など、圧倒的に標準の方が速い。
普通、こう言うのって軽量の方が処理全般を軽くしてサクサク動作させる物なんじゃないの?
標準と軽量って、何か処理能力の違いの事を言っているのかな?と思ったり。

それ以上に驚いたのは、実際のゲームプレイの方であり、

Screenshot_20170723-224050.jpg

今までは2Dでプレイしていたのだが、ひょんな事から3Dでプレイする事になったのだが、
自分のスマホの性能はそれほどハイスペックでは無いので、「3D超軽量」を選択して、
カクカクで酷いよね・・・って内容でも、まぁ何とかプレイする事は出来ていた。
で、あるタイミングで「3D標準」に設定してプレイしたら、明らかにぬるぬるで動いている。
これ、どうなってんの?と疑問に思ったが、3D標準以上と軽量以下で差がある様子で、
負担を軽くしてサクサク動かそうとしている訳では無く、選択画面に書かれている様に、
最初から容量を削った内容を表示している訳で、何だこの設計は?と真面目に思った。

「ちょっと3D標準だと動きがカクつくから、3D軽量にすればぬるサクで動くだろう♪」

誰しも普通はこう思うだろうが、このゲームは3D軽量では既にデータ容量が少いのか、
どうやってもぬるサクにはならず、スペックが十分な端末でも変わらない仕様くらい。
画面の描写が60fpsと30fpsくらいの差がある上に、背景のダンス部分だけでなく、
降って来る譜面オブジェすら描画処理が変わるので、完全に別ゲーになる。

Screenshot_20170723-225251.jpgScreenshot_20170723-230103.jpg

左が3D標準、右が3D軽量の画像だけど、
左の解像度の3D標準の方がサクサク動くとか、本当意味不明だよ・・・。