FC2ブログ

R-T-A Diary

リアルタイムアタックな日記では無く、日々をアクセル全壊で空ぶかしをしている様な日記ですので、間違われた方はCTRL+Wで。。

6%

お待たせ。
誰も待ってないって?
そもそもにして一昨日の話だよ。

Screenshot_20171031-150156.jpgScreenshot_20171031-150254.jpg

アナスタシアか蘭子の二択だとは思ってたので、
最近はアナスタシアのファン数を増やしていたのが正解だった。
ただ、性能で見れば、先にブーストで出ている速水奏の方が優秀なので、
不要かな?とは思ったりもしたが、諸事情で回す事にした。

何か、段々可愛いキャラに見えて来たよ。


<続き・・・読んじゃうの?>

ありがたいフロンティアのリファイン

昨日の1日にリファインアップデートがあり、
毎度毎度、痒い所に手が届けられる様になるリファインが多い。
その中でも、やはり装飾品の精錬が大幅どころではない緩和となったのが大きい。

不要になったG級防具を装飾品に、と言う触れ込みでG級から生まれたシステムだけど、
結果的には、装飾品を作る為に、多量の防具を作ると言う流れになり、
『不要になった』と言う部分は何処かに行ってしまっている。
来年発売のワールドでも、武器派生段階の部分まで戻る事が出来て、
その際、使用した素材は返って来るシステムがあるみたいだけど、
ありがたいとは思えるシステムだけど、それはちょっと違う気がしている。

話は戻ってG級防具はG~GF~GXの3段階制度で、
各段階のレベルを7まで強化する事で装飾品化、もしくは次の段階に強化可能となり、
1段階目よりも2段階目、2段階目よりも3段階目の方がスキル構成やポイントが良くなる。
試しにザザミの防具を、生産から3段階強化終了までの素材を一覧にしてみると、


露草×2
サンマンギョ×1
イカリオオマグロ×2
棘竜の紅玉×1
尾晶蠍の輝晶石×1
鋼龍の宝玉×1
草食種の重骨×5
甲殻種の凶刃×3
甲殻種の皇液×1
飛竜種の真髄×2
古龍種の濃血×2
草食種の鮮殻×2
逆立つ豪毛×2
重厚な竜皮×2
魚竜種の良ビレ×1
魚竜種の良鱗×2
鳥竜種の細爪×2
盾蟹の優殻×53
盾蟹の壁爪×5 (3%素材)
盾蟹の優鋏×58

優玉×5
水泡袋×8
盾蟹の鎧殻×1 (2%素材)
極征貢献証×5
輝累石×3
絢累石×3
鎧竜の灼殻×1 (2%素材)
(赤字はザザミ素材)


結構な数となり、これで装飾品が1個作れるシステムだった。
正直、要求数が半端ないと思って良い。
この手間を掛けて作る装飾品を何個も作るのだから、気が遠くなるのも無理は無い。
一応、対象のモンスター以外の要求素材を一緒に出すクエストも用意はされているが、
それでも結構な数の連戦は免れないし、このシステムで辞める人も多かっただろう。
その精錬システムがようやく緩和され、大幅に要求数が減った内容は以下である。





盾蟹の壁爪x2 (3%素材)
盾蟹の鎧殻x1 (2%素材)


もしくは、

盾蟹の触角x1 (1%素材)




・・・なんじゃこりゃ?と真面目に目を疑った。
緩和とか言うレベルではない素材要求数の減り様である。
レア素材のみの要求にはなったが、通常素材を何十個も要求されるよりかは楽である。
リファインの内容も、正確には装飾品を直で生産する事が可能になった、なので、
実際に防具を使用する場合は、上記の多い素材が要求されるけど、
装飾品が目的の場合に関しては、非常にありがたいリファインだと思う。
ただ、今回の様な『し過ぎ』とも言える緩和があると、終わりの始まりを感じてしまう。

ちょっと・・・と言うかかなり泣きたい事もあり、
先週末に必死こいて必要な装飾品を作成する為に、しこたまモンスターを狩ったり、
プレイ時間で得られるポイントを使い切って素材に交換しまくったりしたのだが、
見事に数日、作成するのを遅らせるべきだったと泣きたいですね。
直生産のリファインは知っていたけど、まさかここまで要求数が変わるとは思わなかった。
むしろ、防具の生産~強化(×20回)~精錬の手間が省けるだけで、素材の要求数は変わらないと思ってた。
それだけに、要求素材の少なさに驚きである。
週末だけで15個くらい装飾品を作ったので、かなりの素材が吹っ飛んでいったよ・・・。


後は、爪護符の4個が更に調合出来る様になり1個になったのもありがたい。
本家と違って、24枠ではなく20枠しかアイテムポーチは無いので、
何時も爪護符で4枠が強制的に使われていたので、そこが3枠空いたのは助かる。