FC2ブログ

R-T-A Diary

リアルタイムアタックな日記では無く、日々をアクセル全壊で空ぶかしをしている様な日記ですので、間違われた方はCTRL+Wで。。

デレステ キャラソート

:デレステ キャラソート:

面白い物があると言う話を聞き、上記のページを教えてもらった。
こう言うのは単純だけど面白くて結構好きなので、作者の方には感謝で一杯です。

そんな私がやってみた内容は、、、



<続き・・・読んじゃうの?>

戦いは終わった

Screenshot_20171218-211339.jpg

先月の協力Liveで、未所持のSRも取り終えたので、今月の復刻には参加する必要が無く、
今回のキャラバンは、以前の様に普通にキャラバンとして参加した。
と言っても、それほど頑張ったと言う訳でも無い。

Screenshot_20171218-211655.jpgScreenshot_20171218-211706.jpg

地引では、兵藤レナは2枚、成宮由愛は12で、プレボに交換した1枚ずつ補完してあり、
他、ティアラ各3種を交換して、メダルは綺麗に底を突きましたと。
以前のキャラバンとかなら、下位報酬でも20枚以上は取るくらい頑張っていたと思うのに、
何故にこんなに頑張れていないのだろう、と思ってしまう。

イベントと一緒に、親愛度を上げられなかったSR, SSRのキャラの親愛度上げを行い、
とりあえず未特訓のキャラの親愛度は、特訓前の最大値までは上げる事が出来た。
本当は、このまま特訓をしたい所なのだが、それで特訓アイテムが無くなってしまうと、
上げるべきキャラのポテンシャルを上げる事が出来なくなるので、申し訳ないがストップ状態。


休憩と言う名のイベントが終わり、明後日から新しいイベントが始まるのだが、
楽曲は、つい先日に発売されたCDの中の1曲なので、メロディの予習は可能。
折角のイベントではあるのだが、少々、登場キャラやイベント報酬に対して声が上がっており、
それがまた見ていられないくらいの内容で、ただただ呆れるばかり。
その事に関しては、別に愚痴と言う形で書く事にしようと思う。

年末予定のDJ

夏に減らしたつもりだったが、やっぱり減り切っていないので、
今度こそ思い切って特定ジャンル+αのみにしようと決心した。
と言うか、最近はマジで懐具合がヤバイのよね。

段々とTigerやMBでの情報も更新されつつあり、
どのサークル、どの作品をチョイスしようかと思い始めて来たが、
何故か「総集編+新録」と言う物が多い不思議な状況になっている。
総集編と言うだけで値段も張るので、このまま増えると購入部数は減れど、
全体の総額は増えるor変わらない、と言う事になり兼ねない。

いや、マジで困ったね。
買わないって選択肢は無いの?と思われるかもしれないが、ほぼ無い。
自分にとっては漫画の1つとしての扱いであり、
週刊誌やコミックの代わりみたいな物なのだから。

ファイティングEXレイヤーの開発陣に感じた違和感

最初は、ループ出来るコンボが見つかっていますが、猶予が少ないので残しています、
と言う感じだったけど、思ってた以上の人が出来ている、出来ている数があるからなのか、
一部修正が入りはしたのだけど、

「難しくしたのでやってみて下さい」

みたいなアナウンスが出た。
正直、誰もループコンボなんか望んでいないと思うのだけど?ってのが本音であるが、
ループになる可能性の要因を残すのか残さないかの判断をしている様に思え、
ゲーム自体の方向性が、まだフラフラしており、決まっていない様に感じる。
難しいけどループは残しますと言うなら、発売前から既にループがあるゲームと言う事になり、

『むずかしい』

と言う言葉はフィルタで包まれて、「ループがあるゲーム」と言う言葉が広まるかと思う。
キッパリと製品版ではループは潰します、みたいな明言をしてくれた方がまだ良かった。


キャラや部品の粗探しを、ユーザーがやらされている様に思えるのが現状。
作品自体には期待している内容なのだが、開発の考え方が謎でもある。

オリエント急行殺人事件

原作と旧版の映画を知っている作品なので観て来たのだが、
キャストが豪華だな~と思うだけで、何か変わったの?と思う様な作品だった。
今のご時世に再登場する様なシーンも無いので、逆に普通だった事に驚くばかり。

シンプルな作品なので、時間の流れを非常に早く感じ、気が付けば上映が終わってたが、
初めて観る人には、舞台全体の解説が少ないのでは?とも思ったり。

内容は面白いけど、非常に評価するのが難しい作品かと思う。
ただ、こう言う系統の作品が好きな人には、十分に楽しめると思うのでオススメ♪

好きじゃない物を好きになる様に頑張ってみる



デレステ曲の中で好きじゃない曲を挙げろと言われたら、恐らくこの曲かラブデスのどちらかを挙げる。
初めて頑張ったイベントの曲を何で好きじゃないの?と聞かれる事もあるが、何でなのかは解らない。
まぁ、何時までもそう感じているのもアレなので、頑張って好きになってみようと思い、トラックリピートで延々聞いてみた。



が、やっぱり何度聞いても好きになれない。
CDを購入した時の日記を読み返しても、今と全く変わっていなかった。
駄目な物は、やっぱり駄目って事なのかもしれないな。
後、2~3年経ったら神曲とか言ってるかもしれないので、その時の感性に期待。

試聴版を初めて聞いたが、試聴版でも原盤と違うのがよく解るな。
これ、CDの音を自分で弄った方が気持ち良く聞ける気がする。
逆に、原盤、ハイレゾ版、新録版、と3つもある事に喜ぶべきなのかな?

矛盾と取りたくない矛盾

会社の子が出来ない事があり、それを必死に頑張っていた。
出来ない事を自分は知らず、頑張っている姿を眺めているだけであった。
ただ、出来ないのであれば、出来る人にお願いするか、手伝って貰えば良いので、
他人から声を掛けられるまで待っていないで、自分で最善策を考慮して行動して欲しい。
「解らない事」が解らない事、「出来ない事」が出来ないのは恥ずかしい事では無い。
もっと周りを頼るとか、言い方は悪いが利用する事をして欲しい。

と、ここまでは仕事に対しての本音の気持ちであるのだが、気付いた事もある。
自分も、その子が行動をするかを、ただ待ってただけであり、
自分からその子に声を掛ければ良かっただけの話である。

相手は、誰かから声を掛けて貰うのを待っており、
自分は、その子から声を掛けて貰うのを待っていた。

偉そうな事を言ってても、やってる事は同じであり、自分も駄目な奴だった訳である。

眠過ぎて死ぬ

真面目にヤバい

お買い物♪

Kaimono_20171212_BD_HayashibaraMegumi_1stLive.jpg
:林原めぐみ 1st LIVE -あなたに会いに来て-:

映像販売物としては、恐らく「りぼん」以来だろうとは思う。
CDに付いてたビデオもあったけど、あれはCDがメインなのでカテゴリが異なる。
と言うか、去年に初めて単独ライブをやったと言う事に、当時は驚きだった。
昔はスターチャイルドのイベントやラジオの公開録音に行っていたので、
イベントライブで唄っているのは何度も聞いた事があるが、
自身のライブとして歌を聞くのは初めてだった。

まぁ、そんなライブの映像が円盤で出たので、
昔はCDを買ってた身であるので、勢いで購入してみる事にした。
生憎、すぐに観る事が出来ず、ゆっくり時間がある時にでも観ようかと思う。



Kaimono_20171212_CD_KoigaSakuKisetu.jpg
:THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER 恋が咲く季節:

本家の総選挙投票で、属性上位陣だったキャラによるCD。
去年は、結構早い段階でCDの発売、内容が発表がされていたにも関わらず、
今年は何時出るのだろう?と思ってた矢先、いきなりの発表と発売だった印象がある。
CDの発売よりも先に、先日、楽曲がイベントに使われたと言う事もあり、
タイミング的に結果オーライに思えなくもない。

発売前に、Tulipのカバーに対して色々と言われてたけど、
内容が内容なだけに、本当、本田アンチの厭らしさを感じた。
そのアンチが居る中、今年のキャラ人気で2位を取ったと言うのは、
本当にキャラが好きな人が頑張ったと言う事と、
その人達にキャラが凄く愛されてるんだなと感じるよ。


Kaimono_20171212_CD_MasterSeason_Winter.jpg
:THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS MASTER SEASONS WINTER!:

夏から秋、秋から冬の季節の移り変わりは早いので、
CDが出るタイミングも、何だか早いなと感じでしまったり。
季節柄、年末のGrooveイベントに使われるかも?と思うと、しっかりと聞く必要がある。
「ツインテールの風」と言う曲名から、一人しかその髪型居なくね?と思うばかり。
曲のメージの話を聞くと、確かにそれくらいの頃の雰囲気を感じさせてくれるのと、
季節曲の楽しい雰囲気を混ぜていて、とても明るく楽しい曲なのが良い。
この調子だと、SPRINGに該当する曲も楽しみである。

MOSTER HUNTER WORLD

一応、モンハンはプレイしている身なので書いておこう。


まず、最初に思った、感じたのは、本当にこれが後1ヵ月で出る作品のβ版ですか?って事。
発売は半年後です!!これはTGSバージョンです!!と言うなら納得が出来るけど、
あまりにも、まだ出来上がってませんな雰囲気を感じる。
内容も、カプコンがフロムの真似して作ってみました、みたいに思えてしょうがない。

操作性は、新しく取り入れた形式がデモンズ系な感じなので、慣れれば使いやすいだろうけど、
確実に以前のシリーズをプレイする時に戸惑うので、導入は難しいと感じ、まずは旧仕様にカスタマイズ。
アンポンタンなのは、triではdosまでの操作法を取り入れてたのに、今回はそれが無く、ポータブル基準。
dosまでの仕様は、使わないレバー、ボタンは無く、他と兼用ボタンが少なく、非常に使いやすい。
ってか、ポータブル基準の一番嫌な部分は、アイテムサークルの開閉とカメラリセットが兼用で、
それでいて肝心のアイテムサークルが長押しであるのが本当に嫌である。
必要なアイテムをすぐにサークル回して選択も出来ないし、長押しにミスるとカメラがリセットされるしで、
とにかく「長押し」と言う操作が癌に思えてしょうがない。
昔、使ってた仕様だろ?何で取り入れないの?と本当に馬鹿を見る目でカプコンを見たくなる。

似非オープンワールドと言えるくらいにマップ全体が広いのは良いかもしれないが、
敵の移動が何とも間抜けと言うか、ただの鬼ごっこでしかない。
今までは、飛竜系以外にも、全然違うマップに一気に移動する敵とかも居たけど、
今回は、普通に移動する後ろ姿を追い掛けられるので、何かコレジャナイ感が半端無い。
すぐに追い付けてしまうのに加え、あり得ない狭い道も通るから、余計に変に感じる。
理不尽に感じるのは、恐らく飛行系、潜行系のモンスターだろう。

アクション部分に関しては、動きに重さが感じられない部分が多いのと、
蔦に掴まったり、傾斜を滑ったりしている動きに違和感バリバリ。
モンスター相手の攻撃も、攻撃している時の手応え、爽快感が皆無であり、
過去作品含め、最低としか思えない効果音のショボさ。KOF2003かよ?
サクサクサクって斬ったり刺してる感じが、何ともデモンズ系の雰囲気にそっくりなのよね。
攻撃判定は、アークゲーですか?って思えるくらい見た目以上のデカさで、
当たらないと思ってた攻撃がヒットするんだから笑える。
腹と尻尾の境目を攻撃しているのに尻尾が切れたりして、部位破壊簡単だわ~・・・って呆れた。

攻撃した時のダメージが表示される様になり、それに対して色々言われてたけど、
いざ視認が出来る様になると、攻撃部位によるダメージの差が明確になるので、
実際問題、これオフにする奴いないだろ?って真面目に思った。
変に意地張らないで大人しく使え。

駄目な部分が非常に目立つ感じだが、
敵の捜索に関しては、痕跡を探して敵を見つけると言うのは面白いと感じた。
毎回、敵の初期位置がランダムなら、多少は面倒に感じるけど、それはそれで面白いかもと。

モンスターが追加ダウンロードで無料配信されるとか言われ、歓喜の声が上がってたが、
分家のフロンティアでは普通であり、何時もの事なので何も感じなかったり。



出来れば、発売日までにもう少しまともになって欲しい。
ぶっちゃけ、今のままだとダブルクロスの方が「モンハン」としては面白いと思うし、
このβ版のワールドが面白いと言っている人達は、どの辺が面白いと感じているのか聞きたいね。

とりあえず、フロンティアは続行だよ。
むしろ、PS4でプレイ出来るのだから、これを機に始める人が増えて欲しいくらいだ。

戦いは終わった

とは言っても、自分との戦いなだけでしたけどね・・・。


Screenshot_20171210-155121.jpgScreenshot_20171210-155115.jpg
Screenshot_20171210-155128.jpg

イベント終了前日に、初めて今回のイベント曲をプレイ。
4回くらいでMAS+はフルコン出来たので、そのスコアを以てランキングは終了した。
正直、もう少しやる気を出せよ!!と言いたくなるが、
パレードの目的はファン数が絶対であるので、今回は目を瞑る。


Screenshot_20171209-122042.jpg

最初から最後まで、本当にSnow Wingsばかりだった。
今回は、パッションのキャラのファン数を増やそうと始めたイベントだったので、
ポテンシャルのポイントは、とりあえず20まで上げる事を目標とし、

Screenshot_20171130-221131.jpg

最初は、この構成で組んでいたが、次のGrooveのイベントがビジュアルなので、

本田未央(トリコロール) → 大槻唯(トリコロール)
姫川友紀(恒常) → 片桐早苗(恒常)

こんな感じに途中で入れ替えを行い、20ポイントまでのファン数200万を目指してプレイ。
EXエリアの動員数が330万を超えた辺りで、普段のスコアで戦う為の準備をしようと、
キュートとクールの編成をしっかり整えようと浮気を始め、

Screenshot_20171205-000515.jpgScreenshot_20171205-011927.jpg
Screenshot_20171205-181352.jpgScreenshot_20171205-185857.jpg
Screenshot_20171205-214447.jpg

宮本フレデリカ、
安部菜々、
前川みく、
高垣楓、
速水奏

この5キャラのファン数を500万以上にしておき、それからパッションに戻った。
何とか目標の200万は超えたのと、プリンセスの本田未央が引けてしまったので、

Screenshot_20171210-225522.jpg

最終的にはこんな感じでユニットを組み、回せる時間、回す事にした。

Screenshot_20171210-225731.jpgScreenshot_20171210-225742.jpg

今回のイベントは、前回ほど頑張っていない体たらくっぷりで、
結果的に、ファン数はそこそこ増えた程度でしかない。
2月はもう少し頑張る事にしよう。

最近の聖壁

ここ数年で大分違う方向に傾いて来たと思うので、このまま突っ走ろうかと思う。
長年、登録していた海外の専門の動画サイトを解約するほどになるとは思わなかった。
・・・いや、興味が無くなった訳では無いんだけど、何だか物足りなくなって来たので、
芽生えて来た新しいジャンルの専門のサイトを探して登録しておく事にした。
特定のジャンルは日本の物の方が良いが、それ以外は圧倒的に海外の方が良い。
エロ本に関しても、大分好みの毛色が変わって来たと思う。

全然関係ないけど、最近、そよそよとゼロの者の絵が大分好みな感じになってて驚いた。
そよそよは、何年か前に見た時、肉付きが感じられる部分と細い部分が混ざってて、
何だかもう少し肉付きのバランスが良くなってくれればなぁ・・・って思ってたのだけど、
最近の絵は、細いと感じてた部分に、以前よりも肉が盛られる様になって来て、
個人的に好ましい感じのバランスの絵になって来たなと喜びました。

ゼロの者は、2000年後期くらいに、目の大きさと離れ具合に加え、
顔が潰れた饅頭みたいに感じ始めたのでコミックを購入するのを止めたけど、
最近の絵は、大分目が小さくなり、顔のサイズもバランスが整って来た感があり、
元々、肉付きのある体格のキャラクタが多めなので、それが更に好ましくなった。
作品の内容の傾向は、昔から好きなので、そろそろ買い直しを始めても良い気がしてきた。

神動画



先日、この動画を見ながらガシャを引き、限定の智絵里を引けたのよね。
まぁ、ガシャ云々とは関係無しに笑える動画なんで、履歴からまた見てたんだよ。










プログレスバー










Screenshot_20171208-002809.jpg



( ,,`・ω・´)ンンン?





fuyutuki.jpg

<続き・・・読んじゃうの?>

割とマジギレしそうになる

朝からトラブってる子が居るから、

『何が原因でトラブってるのか解らないなら、解る人呼んで見て貰った方が早いよ』

と自分が何か出来る訳では無いので、
解決に繋がる助言にはなっていなかったが、早急な仕事の復旧を後押ししたつもりだった。



そんな子が、ようやく解る人を呼んだのが20時過ぎ。
ちなみに、自分が話をしたのは午前中。



は?ってなるよね。
呼ぶまでに8時間以上も何やってたの?
何か助言下さいとか言う癖に、何で何も行動してないの?
仕事がトラブってるって自覚あるんかね?
って感じで、今までで一番呆れたかもしれない。

人の話聞いてる?って何時も思ってたけど、本当、右から左なんだなって思った。
現代っ子に対して偏見を持っている人の気持ちを錯覚しそうになったよ。

師走なだけに、シワ寄せが来ている感じ

今年が後1ヵ月だからと気が抜けてるんじゃね?って勢いで仕事の停滞感が半端無い。

「え?まだやってなかったんですか?

1週間以上前の話が未だにストップしてたりと、割と真面目に笑えない。
その止まってた分のツケが自分に回って来て、月末に響いて来る。

今月中にデザイン、試作、評価、修正をしなければならない物があるのに、
試作の出来上がりがクリスマスプレゼントになると言う謎っぷり。
そこから評価と修正をして、月末までに完成のデザインが出せる気がしない。
早め早めでやろうと言っているのに、何故か早まるどころか遅れる一方。

来年は今年の失敗点を踏まえて、改善をした活動をしたい。
業務に対する給料の話もしたので、来年以降は今年以上に真剣に取り組もう。
前のページ 次のページ