FC2ブログ

R-T-A Diary

リアルタイムアタックな日記では無く、日々をアクセル全壊で空ぶかしをしている様な日記ですので、間違われた方はCTRL+Wで。。

何とか間に合った

ShinyColors_102.png

社長のイベントのステータス412のフェスアイドルを作るのに時間が掛かり過ぎて、
イベント終了1時間くらい前にようやく完成した。

ある程度のテンプレは出来上がっており、それに倣って何度もトライしたのだが、
終わってから計算式が存在する事を知り、ちょいとガッカリな気分である。
ただ、これでOKだろう!!と終わらせたつもりが、最後の最後でイベントが発生し、
ステータスが上がってハイ終了・・・なんて事もあったのも事実。

まぁ、普段のプレイが出来ない事もあってか、3番目のパイタッチは全然出来ていない。
1日1プレイ出来るかも妖しかった最近の状況では、ちょっと厳しいイベント内容だった。
と言うか、普通にプレイしていても、思い出レベルが3まで上がらない事もあったりで、
ちょっと泣きそうな事もある・・・。


ShinyColors_103.png

少し日にちが空いた20日から新しいイベントだが、報酬が摩美々である。
個人的にはありがたいので良いけど、既にイベント報酬で3枚目な事もあってか、
少しばかりネットでは物言いが見られた。

まぁ、pSRのイベント報酬がユニット毎で順番になっているだけで、
今回はアンティーカの誰かで、pSR以上で2枚目のキャラと言う位置づけで見ると、
該当するのが摩美々か咲耶のどちらかで、その状況で摩美々が選ばれただけって話だ。
pSSRもsSSRもガシャに居ない分、少し贔屓されたかな?程度で見れば良いかと。

絶対に許さない

昼間にテレビを見ていたら、
N君が街頭インタビューでプリキュアのクイズを出されている場面を偶然見かけたが、
解らなかった為に、それでは誰か知り合いに詳しい人は居ませんか?と聞かれて、

「居ます、居ますよ~♪」

とか言って自分に電話を掛けて来た。
その結果、700話を超える話数のサブタイや、話の設定を覚えさせられる羽目になった。










と言う夢を見て、ひ~ひ~言いながら目を覚まし、
夢と現実が区別付かない様な朦朧としている状況の中、
夢の中のN君に怒りを覚え、二度寝に移行した。

言うまでも無いが、現実の本人は完全に無関係である。

9.5と9.6の差

デレステの話である。

0.1刻みでノーツが降って来る速度を変更出来るけど、
体感では9.5までの0.1刻みの速度変化量と、
9.6からの変化量とでは大分差があると思っている。

速度が速くなる分、譜面の認識力も間に合わなくなって来ているので、
普段は9.6でプレイしているのを、最近は9.5や9.4に落としてプレイして、
出来るだけ譜面認識力を上げる練習をしている。

速度が少し遅くなって、譜面認識力が上がっている事もあり、
少し忙しい譜面に関しては、割と綺麗に叩ける様にはなって来ているが、
速度が遅くなった分、上手く押せなくなった曲もある。
ただ、それは褒められるプレイでは無いので、
出来るだけ曲のタイミングと言う物をしっかりと覚えて、
ノーツの速度に反映させられる様になりたい。

やっている事は基礎連ではあるが、
これが重要な事なのは十分承知している。

ゲームのリマスター

ロックマン11が出せるのは、過去作の詰め合わせ作品が売れたからなので、
リマスター作品が次の作品を作る事が出来る切っ掛けにもなっている、
みたいな記事を見てて不思議に思った。

詰め合わせの売り上げが100万本行ったから、
そのシリーズ作品のユーザーがこれだけ居ると示せる大きな数字になっており、
その数字のお陰で続編が作れた、みたいな内容ではあったけど、
それならまず、過去作品のドット絵アクションの詰め合わせを作る際、
どうやって世に出す為の手法を取ったのか、そちらの方が気になる。

正直、そのリマスターを作る費用を、新作の開発に回せよって思う。
今回のロックマンみたいな、古い昔のゲームの詰め合わせとなれば、
労力や費用は差ほど掛からないだろうと思うが、
近年のPS2やPS3の作品をPS4にとにリマスターして出すのなら、
それこそ新作出せよって思いたくなる。

色々とそう簡単にはいかないのだろうけど、
単純に考えると、こう言う考えに行き着くんじゃないかと思うよ。

とてもやる気が出て来た編集

普段、SEとかの類は、既にある音を編集&加工をして使っているのだが、
何だかこれだなぁ~って感じの物が無く、段々と音の種類、傾向に慣れて来ており、
面白味が無くなって来ていた。

所謂、マンネリ状態である。

何とかしようとDLSiteを漁りはじめ、中々出会いが無いなと思っていた頃、
ようやく「これだ!!」と言う物に出会えた。
そこから関連作品を辿って、幾つかの作品に出合えたのだが、
まぁ、見事にマンネリを打破出来る様な内容で、
その日のやるべき事を忘れるくらい、没頭し始めた。


ちなみに、言うまでも無いが、エロの話である。


更に欲を言わせて貰えるのなら、
エロ本に書かれている効果音の文字列を、実音化した作品に巡り合いたい。

もう、自分はゲーマーじゃないんだなと思ったり

E3のカンファレンスで2018年度に発売されるゲームの一覧、
みたいな画像があったので見てみたが、1ミリも心が動かなかった。
と言うか知らない作品が多過ぎると言うのが原因。

元々、FPSのゲームはプレイしないのと、
TPSのゲームも、軽い感じのゲームはあまり面白いと感じていない。
モンハンやデモンズみたいな、重い感じは好きである。

神ゲーと騒がれてたスパイダーマンのトレーラーとか見てても、
よくある無双系ですかね?程度の感想しか出て来ず、
何処に面白そうな部分を感じているのですか?と逆に質問したい。

見て面白そうと感じない時点で、自分にはその程度なんだよね。

他、リメイク作品とかもどうでも良いと思っている。
長年、FF7のリメイクの話が出続けているが、
一体、皆は何を期待しているのだろう?と言う疑問がある。
正直、RPGのリメイクとか、また同じストーリーをやらされると言う事が面倒くさい。
ストーリーが良く出来ている作品とかなら、思い返す為にプレイするかもしれないが、
FF7とか1割くらいの内容を、断片的にしか覚えていない。
と言うか、FFシリーズの殆どはそんな感じ。
システムが15みたいになるとからしいが、15をやっていないので解らないのと、
何で既にあるシステムベースと同じ物で作ろうとしているのかね?
新しいシステムでリメイクしろよ。

HDリマスターとか、超謎のリメイクと比べれば、FFはまだ全然良い気がする。
PS2で出てたゲームをPS4(3)で綺麗にして出します、は本当に意味が解らない。
それこそ、ストーリーのお浚いよりもどうでも良い。



毎年、新しいゲームが色々出て、名前だけは耳にする作品も多いけど、
ゲーム機も多少なりの時間もあるはずなのに、やってみようと思わないのは、
そろそろ自分はゲーム自体に興味が薄らいで来たのかな、と言う感じです。
シンプルで簡単、1プレイが数分の音ゲーってのは、今の自分には丁度良い。

中々、手厳しいイベントである

Screenshot_20180613-212651.jpg

今日から始まったミリシタのイベントだが、
報酬である左右に居る北沢志保、天空橋朋花と言う2キャラは、
このミリオンと言う作品の中で嫌いの部類に入るキャラな為、
イベントのやる気がかなり起きないと言う始末。

まぁ、幸いにも、お仕事してガシャ引くだけのイベントなので、
走る訳では無いのが幸いである。

幸いとか言っているけど、
正直、このゲームは1周年を機に止めようかなと最近思い始めている。
それくらい作業感が半端無いゲームになっている。
「お仕事」ってシステムは、スタミナを無駄にしない非常に良いシステムだが、
言ってしまえばポチポチであり、完全にそれに慣れ過ぎてしまっている。
普段のイベントでは、イベント曲をプレイする為のアイテムはお仕事で溜め、
イベント曲だけを音ゲー要素でプレイしている事が殆どではあるが、
その僅か2分くらいの1曲をプレイするのも、億劫になり掛けている。
挙句、譜面に独特性が無い為、面白く無いと感じる事が多い。

これが原因で、最近はシャニマスなんかもある為に、
ちょいとミリシタは休憩しようかなと思っている。

とりあえず、今月末までは今のまま続けてみる。

お買い物♪

Kaimono_20180612_BD_Cinderella_5thLive_Ishikawa.jpg
:THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!!@ISHIKAWA:

各公演で演目が違う他、オリジナルユニットでは無いメンバーが唄っている映像、
と言う物に価値があるんだなと、2枚目の円盤を見ながら理解した。
これが後5公演分もあると思うと、相当な娯楽映像になるだろう。

決心した時には、何時も時既に遅し

そんな人生を何度も繰り返して来ている気がしている。
やり直せるならいくらでもタイムリープしたい。
今日もまた、決心して時計を購入しようと思っていたが、
昨日の今頃にはWebにはあった物が、今日には無くなっていた。
物自体が無くなっている訳では無いので、
実店舗に行けばあるのが幸いであるので、
明日にでも仕事をしながら購入の為の気持ちを高めようと思う。

惰性で続けている事

色々な事に手を付けてはいる物の、
向上心を持っていない物に関しては、
そろそろ切り始めても良いかなと思い始めた。
夏くらいまでには整理しようと思う。

戦いは(一足先に)終わった

ShinyColors_079.png

開催は明日の昼までだが、

ShinyColors_080.pngShinyColors_081.png

必用なキャラは4凸し終えたし、アイテムも回収し切ったので、一足先に終了とする。
アンティーカとは違った個性がバラバラのキャラが揃ってるこのユニット、
ゲーム中のキャライベントだけだと、どう言う感じで纏まっているのかが何となく解り難かったので、
こう言う形で1つのイベントを全員でやってくれているのは、キャラの特徴や横の繋がりが解りやすく、
非常にありがたい内容であった。結果、


ShinyColors_088.png

ゲーム中の台詞で、非常にプレイヤーの心境を現わしてくれる台詞があった。
多分、大体の人は今回のイベントで、こう感じたのでは?と思いたい。
キャラクタの可愛さが非常に溢れているイベントだったと思うし、
報酬のキャライベントも、イベントの話を補完する内容なので、とても面白い。

前回のアンティーカのイベントコミュは、時間の関係ですっ飛ばしまくったので、
まさかイベント終了後に見れなくなるとは思わず、今回はしっかり見ておいた。


ShinyColors_082.pngShinyColors_083.png
ShinyColors_084.pngShinyColors_085.png
ShinyColors_086.pngShinyColors_087.png

とりあえず、夏葉が思ってた以上にポンコツだった事には驚きだ。
本編でも、完璧超人の様に見えて、少し足りない、と言う感じの雰囲気はあったけど、
違うベクトル方向で足りてないとは思わなかった。


今回は無事にイベントが終われて良かったと言う感じ。
次のユニットイベントはアルストロメリアだろうから、イベントが今から楽しみである。

戦いは終わった

Screenshot_20180608-145143.jpgScreenshot_20180608-145131.jpg
Screenshot_20180608-202553.jpg

最初の2日に全然プレイ出来なかった事もあってか、
後半は出来るだけ走ったつもりだったが、やはりプレイ回数が足りて無いなと言う感じ。
気持ち的には全然走れてなかったのだけど、去年のパレードの記録を見返して見ると、
割と同じくらいの走り具合だったので、アレ?と言う気分に浸っている。

ハイスコアは頑張ってたつもりだが、
WWGのCDで既に聞きなれており、「Virgin Love」と言う曲名から勝手にキュートと思い込み、
最初、全然スコア出ないクソ曲だなと思ってた。
何よりも、ネットでの拓海はキュートと言うネタが前面に出過ぎていた。
楽曲タイプが違う事に気付いた後は、既に何度も試行回数を重ねる気にならず、
1回フルコンしてハイスコアを更新し終了した・・・。

Screenshot_20180531-151909.jpgScreenshot_20180607-221125.jpg

左が開始前で、右が終了後。
もうちょっと頑張れば、ゴールの1000万が目指せたが、見事に届いていない。
と言うか、島村卯月がゴールしたら、今度は中野有香、輿水幸子と続く予定なので、
とにかくプレイ回数が全然足りていないと言う事である。

ファン数を稼ぐには、同じ曲を延々とプレイするスタイルが一番効率が良いのだけど、
どうしても飽きが発生してしまい、長時間の連続プレイをする工夫を色々していた。
最大効率はMAS+のSnow Wingsだと思っているが、今回はアブナインの練習もしてたり。
で、ようやく最終日の前日に長時間プレイをする為の自分に合った方法を確立したので、
次のパレードの時に是非とも頑張りたいと思っている。

短い1週間だった

Screenshot_20180607-210506.jpg

パレードの期間中の1週間は非常に短く感じる。
アタポンやグルーヴの時は、物凄く長く感じるのにね・・・。
と言うか、後3日くらい欲しい。
きみそばは、何であんなに長かったんだ?

お買い物♪

Kaimono_20180606_Book_ShinyColors_1stGuideBook.jpg
:アイドルマスター シャイニーカラーズ ファーストガイドブック:

折角サービス開始から始めた作品なので、このまま突っ走ってみようと思い購入。
昨日と出だしが一緒なのは気にしないで欲しい。

内容としては、ゲームの発売日より少し前に出る、内容を少し紹介したムックである。
実際、キャラクタの紹介、発売日前までに行われたイベントの紹介と、
後は声優と開発のインタビュー、若干のゲーム攻略と言う内容であり、
実物を手に取って100ページ無い薄さにびっくりしたが、CDが付属していたので、
これにお金が掛かっていると思えば、まぁ妥当なとこだろう。

正直、ミリオン以上にはゲーム作品に没頭出来ているのが幸い。
本業は?みたいな話になればデレステになってしまうが、
デレステをやらない時間があるなら、真面目にシャニマスには没頭したい。
ミリシタは、音ゲーとしては色々と物足りないので、ゲームとして大満足では無い。

お買い物♪

Kaimono_20180605_CD_BrilliantWing_01_SpreadTheWings.jpg
:THE IDOLM@STER SHINY COLORS BRILLI@NT WING 01 Spread the Wings!!:

折角サービス開始から始めた作品なので、このまま突っ走ってみようと思い購入。
デレではコロンビアからのリリースが非常に遅く、ミリオンのランティスは凄く早いと散々言われたが、
このゲームの曲に関しては、一番最初のユニットソングが1ヵ月に1枚のリリースになっており、
4ユニット分が出終わるのが10月と言う中々の時期である。

実際問題、まだまだゲームは始まったばかり感が強く、全部のユニットでイベントも終わっていない。
今後、楽曲とかをメインにして行くのか、それとも別の部分をメインにしていくのかは解らないが、
折角のアイマス作品と言う事もあるので、楽曲は順調に増えて行って欲しいとは思うし、
プロダクション所属のユニットと言う設定なので、ユニットの枠を少し外して欲しいとも思う。
最近、公式の4コマ漫画でも、ユニット外での絡みの話もあったので、そう言うのを期待しいている。



とりあえず、一番気になっているのは、ランティスのCDって事である。
円盤を欲しがる自分としては、手元にある事で非常に満足はするのだけど、
曲の面から見たら、e-onkyoとかでハイレゾ版を買った方が良い気がする・・・。
前のページ 次のページ