FC2ブログ

R-T-A Diary

リアルタイムアタックな日記では無く、日々をアクセル全壊で空ぶかしをしている様な日記ですので、間違われた方はCTRL+Wで。。

ドラゴンボール超 ブロリー

予告を出来るだけ見ないで、本編を楽しもうとしていたのは正解だった。
映画の内容が面白いかどうか、意識を集中しているかどうかってのは、
大体、購入している飲み物の残量で把握しているつもりで、
購入した飲み物は、半分も飲んでおらず、氷は全部溶けて嵩増しされてた。

過去の劇場版は、完全にアナザー作品として独立していると解釈しているので、
今回のブロリーの位置付けやストーリーは、ドラゴンボール超の本編の内容であり、
TVの後の延長、今後のストーリーとして見れば十分面白いと感じた。
所々、超になってからリブートしている話があるのかは解らないけど、
今後の話を面白くする為に必要なら、それも有りなのかもしれない。

神神以降、主役は悟空ではなく相手、と言う感じでフォーカスが当てられており、
どの作品でも、それぞれのキャラのエピソードが用意され、話も面白い。
今回もブロリーに対して他のキャラが立ちまわり、話を盛り上げている。
作品の終わり方も、今後もドラゴンボールを続けて行こうと言う風に感じられ、
それだけで次の作品があるかも?と言う期待をしてしまう。

映像面に関しては、アクションアニメとしてはとても良く出来ているなと感じた。
昔のドラゴンボールとは違い、CGになったと言う事もあってか、
とにかくキャラクタの動きが多く、空間も広く使えるので、迫力がある。
また、途中には各キャラクタの視点からの映像なんかも用意されたりして、
4Dを意識した作りなのかな?と思ったが、普通に見ても違和感が無いので、
普通のスクリーンでも4Dでも十分楽しめるかと思う。
と言うか、ドラゴンボールだから、あんな感じの迫力が出せるのかもしれない。

色々と満足した部分は多いが、不満な部分も所々ある。
戦闘シーンでのBGMが個人的には受け入れられなかった。
もっと盛り上げられるBGMがあったんじゃない?
後、フリーザが関与する部分がギャグにしか思えず、
フリーザと言うキャラの印象を大分損なっている様に思えた。

全体を通して見ると、鳥山明ならこう言う脚本にするのかな?と思ったりもしたが、
何故か原作者が関わっている作品なのに、ドラゴンボールのファンが作った作品、
と言う感じの印象が全体の感想です(AVPみたいな)。
でも、それで面白いなら、何の問題も無いんでしょうけど。


昔のブロリー作品とは、しっかり区別の必用があると思っており、
上書きする必要はなく、今回は今回の作品で楽しむべきだろうけど、
そう簡単に受け入れる事も出来ない意見もあるかとも思う。
頭カラッポの方が、夢詰め込めるとは思うけどね。