FC2ブログ

R-T-A Diary

リアルタイムアタックな日記では無く、日々をアクセル全壊で空ぶかしをしている様な日記ですので、間違われた方はCTRL+Wで。。

剛種クシャ

剛種チケットもそこそこ集まって来たので、
大量に素材が必要な剛種古龍にでも行ってみる事にする。
ソロでの下見は重要なので、
古龍なのに可哀想なクシャに行ってみた。
行くのにチケットが必要と言う時点でリタが出来ない為、
万全の装備をして行こうと、軽く攻略記事を見ておいた。
とりあえず必要なスキルとして、

耳栓、匠、攻撃大、見切り+3、龍風圧無効

上記の5個が最低必要となっていた。
で、龍風圧無効が何故に必須?と思うが、
普段は必要無く立ち回っている為、
天地を担いで龍風圧無効は付けないで向かった。

決戦の地は夜の砂漠。
開幕が8だった場合はモドリ玉でBCに戻ると覚えるも、
見事に8からスタートする・・・。
で、5に互いが移動して戦闘開始。
早速お空が大好きなダオラさんを閃光玉で落とす。
サクサク頭を斬るゼぇ~!と頭に向かったのだが、
ダウン中に1回もがいたら早々にクシャが起きて来た。
しかも、閃光の効果も一緒に切れているので、風圧も復活。
こりゃ龍風圧が必要ってのも納得だと思いつつも、
起きればすぐに飛び立つダオラさん。
開始3分くらいで閃光玉の調合に入り、
この調子で行くと明らかに足りません・・・。
さっさと頭を壊して頭の横で乱舞しないとと思いつつ、
ラスタの麻痺により、再度頭に群がる自分。
元気いっぱいに攻撃し続けたが、
何時まで経っても頭が壊れる気配が無く、
一向に風が解除できない。
なんて事を繰り返している内に、
風圧>ブレスと言う典型的な駄目乙プレイを2回してリタ。
明らかに準備不足でしたと。

で、肉質を再度確認したが、
頭に龍属性が有効なのは間違い無い。



とりあえずは、龍風圧無効が付いたハンマー装備があるんで、
再度トライしてみようかと思う。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する