FC2ブログ

R-T-A Diary

リアルタイムアタックな日記では無く、日々をアクセル全壊で空ぶかしをしている様な日記ですので、間違われた方はCTRL+Wで。。

ヱヴァQ 感想

前の映画が3年前と言う事に一番驚いた。
むしろ、よく観に行ったな、と自分でも不思議に思った。




旧エヴァの概念が残ってるから楽しんだ部分はあれど、
もういいやと思いたくなる部分が多かった。
結局は旧エヴァなんだなと思ったし、
そうとも言えないくらいぶっ飛んでいる気もする。

前の様な総集編的な感想は抱かなかったけど、今回は完全にリメイクと言う感想を抱いた。
話全体の「構成」を考えれば、前の「破」よりかは面白く出来ているかもしれませんが、
相変わらず作品自体を面白いとは言いにくい感じ。見ている最中も、


開始数分:意味が解らない
開始10分:少し雰囲気が違うので、新しい事やってるのかな?
開始30分:何かもう帰りたい・・・

映画終了:今度こそ、次はもういいかな?


こんな感じでしたし。
結果的に、何がしたいのかは相変わらず解らないし、ツッコミ所が満載な内容な事は言える。
その満載な部分で話1つ出来ちゃってるんだから・・・って感じですよね。
エヴァ好きしか付いて行けないないんじゃないの、アレ?と純粋に思いました。


とりあえず、シンジは相変わらずウザさである。
TV版の頃から思ってたけど、久しぶりに見るとやはりウザい。

アスカの声が大人し過ぎる様な感じに思えたが、
単純に宮村が声を出せていない様にも思える。
キャラの設定と言う考え方も出来るが、明らかに序盤のはおかしい。



序に巨神兵の話は、どう言う経緯で作ろうとしているのか解らないけど、
ナウシカの話の元は、こんな感じなのかな?と言う風に思った。
けど、後半で寝そうになった。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する