FC2ブログ

R-T-A Diary

リアルタイムアタックな日記では無く、日々をアクセル全壊で空ぶかしをしている様な日記ですので、間違われた方はCTRL+Wで。。

気にはなったので

F-10Dの本体温度が高くなるとセーフティを働かせるらしいのだが、
アプリのゲームをプレイを動かしているだけで制限を掛けられてしまったので、
どんだけ熱くなるんじゃい?と思い、調べてみる事にした。

下記写真は同じアプリゲームをプレイしている時に、セーフティが働いた時の赤外線サーモグラフィである。

~カバー無し状態~
F-10D カバー無し 温度測定箇所赤外線サーモグラフィ F-10D カバー無し

~カバー有り状態~
F-10D カバー有り 温度測定箇所赤外線サーモグラフィ F-10D カバー有り

エリアでピンポイントで一番熱くなる場所に温度センサーを貼り付け、
写真を撮った時と同様にアプリゲームをプレイし、どれくらい温度が高くなるのかを調べてみる。

F-10D 本体温度

結果的に周囲の環境温度が27℃弱の時、
アプリでゲームをプレイしている時にセーフティが働くと、
本体の表面は一番高い箇所で45℃くらいになっているとの事。
ただ、これはMicroSDの上の部分であり、手で持つであろうバッテリーの上部辺りは、
大体41~42℃くらいであろう。

人間工学的には、手で持つ部分の温度がもう少し高いと、ある程度の時間で低温火傷を起こす温度ではある。



何にせよ熱いんだよ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する