FC2ブログ

R-T-A Diary

リアルタイムアタックな日記では無く、日々をアクセル全壊で空ぶかしをしている様な日記ですので、間違われた方はCTRL+Wで。。

プリキュアオールスターズNewStage2 こころのともだち

http://www.precure-allstars.com/

去年はキャラに声が無い事に全く気付かないくらいボケ~っと観ており、
半年前には車のバッテリーが上がって、当日観に行けなかったりと散々だったので、
今回はしっかりと観に行く事にした。

以下、感想。



去年に新しいオールスターズ物に変わったが、
今回でようやく、どう言う傾向で作品が作られているのかは理解した。

話の内容に関しては、小さい子供が起こしてしまいそうな内容の話ではあったが、
NS1よりかは子供向けな感じの雰囲気になっていると思うし、その上で面白く話が構成されてたと思う。
現行のドキドキの話の構成を混ぜている感じになっており、ドキドキっぽい映画としても観れたんじゃないかと。
NS1はスマイルっぽい話の構成に出来ていなかったので、少なくとも今回の方が面白いとは思った。

とりあえず、主役はプリキュアでは無く、他にちゃんと居ると言う事。
あくまで、プリキュアはその話の主人公になるキャラの補佐をするキャラである事。
NS1の時点でそんな事は解っていても良いはずだったが、今回のNS2でそれに確信が持てた。
でも、DXの頃に比べ、プリキュアが出ている時間とその他が出ている時間が半々にも思えるし、
今回に限っては、プリキュアが出ている時間の方が少ない様に思えた。
そう言う面から、これはプリキュアの話と言って良いのか?それが疑問である。

話の関係上でドキドキ組の登場が遅れたのはしょうがないにしても、
現行作品とは思えない登場時間の少なさにちょっと残念かなと思ったり。
世代交代したスマイル組と比較しても、登場している時間が同じくらいな気がする。
後、今回は予め全員が同じ場所に集まると言う話である為か、
主人公同士が互いを知らないまま会うと言う恒例の演出も無く、それも残念だったり。

もはやオールスターズって名前も、
キャラクタが全員が出て来るだけで、全員が作品内で活躍する訳ではなくなった。
まぁ、その点はDXでしっかりやってたから良いのだろう。
むしろ30人超えを全員活躍させるってのは無理な話ってもんだ。
その延長でか、一番の不満は誰しも思っているかもしれないが、NS1以上にキャラが喋らない事がヤバイ・・・。

『NS1】
 MH:なし
 SS:なし
 5:なし
 フレッシュ:全員あり(4人)
 ハートキャッチ:全員あり(4人)
 スイート:全員あり(4人)
 スマイル:全員あり(5人)

これで喋らねぇ~って大体の人が嘆いていたが、

『NS2】
 MH:全員あり(3人)
 SS:なし
 5:なし
 フレッシュ:パッション(1人)
 ハートキャッチ:ブロッサム、マリン(2人)
 スイート:ビート(1人)
 スマイル:全員あり(5人)
 ドキドキ:全員あり(4人)

今回はこんな感じで、総数で見れば一人少ないと言う始末。
挙句、フレッシュ、ハートキャッチ、スイートが見事に疎らである。
内容からパッションとビートが設定の関係で話に参加する理由は解るが、
4人が集まって闘ってるのに、1キャラだけ喋るってのがとても違和感バリバリである。
ハートキャッチ組の二人が喋る理由は完全に無い。
マリンを喋らせたいが為に、ブロッサムも喋っている様に思えなくもない。

初代組に関しては、10周年と言う事なのだろうが、喋るし動くし闘うしで、ある程度優遇されてた。
ただ、他のプリキュアを代表して登場と言う扱いではあった気がする。


まぁ、難しい話は抜きにして、ただプリキュアが出ている作品として観て楽しめば良いのだろう。

以下は、作品の感想から脱線した個人的感想である。



星空みゆきと言うキャラは、歴代で見てもとても可愛い主人公であった。
ハートに伝言を頼むシーンは、今回の映画で一番ぐっと来るシーンだった。
真面目にあれはヤバイ。あれだけでBDは買える。
前に座ってたお父さん達が鼻をすすってたのに続きたかったくらいである。

テレビ放映のドキドキに先駆けて4人での変身バンク、決め台詞が御披露されたが、
ドキドキ組の前にスマイル組の変身バンクがあり、
圧倒的に作画の枚数が違いすぎて、動きの量が全然違うのが解ってしまう悲しさ。
ってか、ドキドキはプリキュアになった後がまだまだ色々と残念である。

後は、言うまでもないが、えりかが可愛すぎてヤバい。
完全にお笑い担当キャラになっている。
曙みたいな格好で倒れてる時はマジで吹きそうになったし、今回はマリンでも楽しいキャラをやってた。
もうストーリーに関係なく皆勤賞を狙えるキャラな気がしてならない。
最後の最後でもやってくれたし、可愛い以外の感想がない。



BDの発売マダー?

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する