FC2ブログ

R-T-A Diary

リアルタイムアタックな日記では無く、日々をアクセル全壊で空ぶかしをしている様な日記ですので、間違われた方はCTRL+Wで。。

携帯帰還

休みの日だが、連絡があってはと取りに行って来た。
今日は担当者が居るとの事で、とりあえず話を聞けるだけ聞く事にする。

まず、電波調査の件に関しては、「修理」と言う名目で出している場合と、今回の「診断」と言う名目で出している場合、
結果的にやっている事は同じと言うぶっちゃけトークが炸裂された。
ただ、「修理」と言う項目で出すと、ショップ側がこの部分に異常有りと報告した「この部分」に対しての調査が、
修理確認の工程の中でグレードアップすると言う話。
で、その「この部分」を言わないで診断すると、全工程がグレードアップするらしい。
でも、やっている事は根本的には同じらしい。
アホか。


続いてバッテリーの件は、何だか一応テストはしているらしいのだが、その瞬間に問題が起きなければOKらしい。
熱くなる、バッテリーの減りが激しいと言うのは、最初のクアッドコアだからと引っ切り無しに何度も説明するが、
最初のクアッドだから何なの?今のクアッドが問題なく使えてるって言うなら、設計が疎かなだけだろ。
電池が無くなったから充電したいのに、充電中にバッテリーが熱くなって充電出来なくなるとか、軽いギャグでしか無いのに、
電池を冷ましてくれとか、裏で何かが動いているかもしれないとか、電源を入れなおしてくれとか、意味不明。
挙句、富士通からは「本体を省電力モードにして充電する」みたいな対策案が出ているらしいのだが、
通常時は熱いから充電出来ないけど、省電力だと出来るとか、明らかに設計ミスとしか言えない。
クアッドだから熱くなるとか、ただの設計ミスでしか無いって事を、どうして理解しないのだろうか。


外装が変更されていたのは、基盤を取り出し、組み立てを行う際に、防水加工の為、必ず部品交換をするとの事。
どうしてそう言う事を予め言わないのか。聞かれてから答えるとか止めて欲しい。
一番疑問に思ったのは、本体の基盤を取り出し、組み立てる際に、手に持つ端末としては尖りがある部品を手にし、
その尖りの部分を何も感じないのか?と言う事。
F-10D[ 6代目 1週間後
画像ではは欠けてしまっている物だが、この欠けた部分が尖っている仕様になっている。
それを触って尖ってないと言うなら、明らかに手の感覚が無い人達ですねとしか言えない。
富士通さんには伝えているのですが、お客様一人の意見で修繕を行うのは・・・とか言ってきたのが腹が立った。
物理的に目の前にある物の形状がおかしいと言う何万分の1の声を聞き流す姿勢が。
真面目にデザインした奴と会ってみたいわ。
完全に素人設計だぞ、これ。



結果、診断前と何も変わらない状態で返って来た。

何も変わってないのに、はい解りましたで受け取れる訳ねぇだろ?と言っていると、
システムのアップデートの話が出て来る。
具体的には明日の21日にアップデートが入るらしいのだが、その内容は全然関係の無い場所(カメラ)である。
大体にして、検査の結果、何も異常が無いって言うのなら、アップデートの必要なんか無いんじゃないか?と聞いても、
とにかくアップデートをお試し下さい、アップデートお試し下さい、ばかり。
ソフトを丸々上書きするので、もしかしたら直るかもしれません、とか訳の解らない事を言う始末。
それだったら、今のソフトだって何回でも上書きしちゃるよ、でも出来ない様にしてるのはお前らだろ?
何を言っても駄目。アップーデートで治る保証はあるのか?と聞いても首を縦には振らない。
富士通は今後も改善をしようとしている、みたいな事は言ってるらしいのだが、それって何時なのよ?と。
以前のアップデートが11月の末で、今が3月の中頃、次は7月ですか?携帯出て1年経っちゃいますよ?
馬鹿が!!
挙句には、自分も富士通さんの携帯使っていたので、お客様のお気持ちは解ります、とか語り始めるし。
お前が何を使ってたか知らんが、今自分が使っているこの携帯が、携帯としての機能が使えない事が多く、
とにかく困ってるんだよ、何とかして下さいと言っても、またまた「明日のアップーデート」と言う呪文。
もう、電波が無くなったり熱くなったりしたら、頻繁に電源切ったりとか省エネしたりとかして下さいと、
携帯電話として使用に対し、本末転倒な事を言ってくる。

そもそもにして、検査をしている場所と、システムの製作をしている場所が全く連携が取れていない感じ。
検査している場所が仮に十畳一間だったとする。
その中で検査して問題が無ければ、外に出ても問題が無い、と言っている様な物。
それに対し、システムを製作している側が全く関心を向けていないので、
検査場所から外に出た瞬間、電波を全く拾わないと言う状況になっても、システム製作側が知る由も無い。

とりあえず、まともに使える物の返却が出来ないってんなら、今すぐ使える物くれと言えば、
ドコモと富士通が結託したかの様に「明日アップデートがある」と言う予防線を張り出した。
月曜に来た時とは大違いの対応である。
もしこれが1週間早ければ、1週間電波が悪い状況で我慢して下さいと言っていたのか?と聞いてみれば、
はいそうですね、と開き直った返答。

もう、このまま話してても何も話が進まないのは何となく感じて来たので、
明日のアップデートで直らなければまた来ますので、と言って店を出る事にした。
その脚で消費者センターに行こうかとも思ったが、家の買い物があるので帰宅する事にする。



で、

F-10D 本体破損
家に帰る最中に、一番最初に外装がぶっ壊れた時と同じ様に外装がぶっ壊れる。
一番最初に壊れたのは10月。

F-10D 外装 05
画像の矢印がある場所に隙間があり、ズボンのポケットの糸くずに引っ掛かかって破損した。
ちなみに、隙間があるのは仕様。電源が入らないサンプルですら同じ仕様。

その後も、ドコモショップに行く度にこの部分の事を伝え、ドコモのサポートに直接電話をしても伝えている。
その他、Webのフォームからも報告したが、それには「知らぬ存ぜぬ、お客様の固体不良」と言うクソな返信だった。
10月から散々言い続け、それでも直っていない故、同じ破損のしかたをした。

とりあえず、明日もドコモショップである。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する