FC2ブログ

R-T-A Diary

リアルタイムアタックな日記では無く、日々をアクセル全壊で空ぶかしをしている様な日記ですので、間違われた方はCTRL+Wで。。

かぐや姫の物語

公開から1週間遅れで観る事に。

以下、感想。




個人的には、今年観た映画の中では一番良かったと言う感想です。

世間で言われている「豪華な日本昔話」と言うのは、
とても解り易い表現方法かと思いました。

良くも悪くも「竹取物語」と言う内容から出ていないので、
純粋に竹取物語と言う作品を映画にしたと言う内容です。

大体の人が知っている「竹取物語」と言う話ですが、
高畑勲が「話を変えず、印象を全く変える作品にする」と言った通りに、
話の内容を崩されず、独自に開示している作品だと感じました。
その開示の仕方も、決して的外れでは無いと思わせる様な内容であり、
それらがとても上手く表現されており、それらを楽しむ作品かと思います。
あの作風も、逆に合っているなと感じました。

かぐや姫の生い立ちと、
かぐや姫とその周りの登場人物達がどの様な気持ちを抱いており、
どの様な気持ちで其々が接しているかと言うのを非常に良く表している。

「映画作品」と言うより「芸術作品」として評価をした方が良いかもしれない。
そこの部分は観た人がどう感じるか次第ですけどね。

疑問に思う部分が2か所ほどと、
後半の1か所だけ、どうしても理解出来ない表現方法があったので、
内容は満点だけど満点として評価出来ない、と言うのが個人的な評価です。

何よりも、一番単純な「面白いのか?」と言う質問をされた時、
自分は『面白い』と返答出来ません。

ただ、宮崎駿のスタジオジブリ作品を求めている人には、難しいかと思う。
恐らく求めている物が根本的に違うと思うし、
内容が全く違うベクトルなので、楽しめるとは思えない。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する