FC2ブログ

R-T-A Diary

リアルタイムアタックな日記では無く、日々をアクセル全壊で空ぶかしをしている様な日記ですので、間違われた方はCTRL+Wで。。

同人の適正価格

友人宅でふとそんな話になった。
事の発端は、新製品紹介のメールが届き、自分が購入予定の物の紹介だった為、
PCを借りてチェックをさせてもらったのだが、友人が自分がどんな内容に興味があるのか、
そんな事を気にしだしたので、問題が無い範囲で一緒に確認する事になった。
とりあえず、いきなりお気に入りサークルをチェックするのは止めて下さい・・・。
開いたページがMBだったので良かったわぁ~。

友人に言わせれば、自分のチョイスしている内容の傾向は、普通よりズレているらしい。
そのズレの傾向を描いている作品、サークル情報を知りたいらしく、
それが聞いた事が無い、知らないサークルだったら、尚更参考になるとの事。
未だに活動をしているだけあって、大体の大きなサークルの傾向は知っているので、
これから大きくなるかもしれないサークルの情報は知っておきたい様子。
勉強熱心だな・・・と思うけど、君の本職は同人じゃないでしょ?と言いたかった。

登録しているサークルで聞いた事が無いサークルがあれば、
最新の商品概要を見て、どう言う内容なのか、をチェックしている。
と言うか、「購入済み」って表示されるの超恥ずかしいんですけど?
そんな中、ふと友人が1つのサークルの商品詳細を見て、

「このサークル、高過ぎじゃね?」

と話し始めた。
何処だぁ~?と思えば、確かに自分も商品が高いと思った事があるサークルだった。
そこから、何故この金額設定にしているのかを真剣に考え始める事となる。

・モノクロからカラーか?  ⇒ モノクロ
・サイズ  ⇒ A5
・ページ数  ⇒ 60
・作家 ⇒ 1名
・内容 ⇒ 漫画形式(一般)

作品の詳細はこんな感じだろう。
オリジナルでは無く、作品のキャラクタの設定を使った二次創作であり、
1冊でストーリーを終わらせている漫画形式となっている。
僅かなサンプルや他作品のサンプルを見ていても、友人は「ん~?」っと唸っている。
後々、このサークルの商品を買った事があるのか?と聞いて来たが、無いと答えた。
主な理由は、サンプルと作品の内容紹介から、価格が見合ってないと感じた為である。
ちなみに、友人も内容に対しての価格設定は、かなり高いと思った様子。

作者自身が作品に対しての値段を設定できる同人作品なので、
作者の人は、この作品に対しての対価はこのくらいの額である、と言っている訳だ。
作品を制作した労力に対しては称賛しないといけないだろう。
ただ、他にも同じ様な形態の作品があるのに、この物量で1,800円は無いだろうと、
最終的には罵声を上げるだけ上げて荒れた。

「話が上手く纏まらないだけで、無駄にページ取ってるだけなんじゃね?」

と言う友人の一言が、何だか尤もらしく思えてしまった。
ページが多いのに制作部数が少数であって、単価を上げているのかもしれないが、
これまでに同じ様な作品を多々出して来ているのを見れば、それも考えにくい。

ページ数やサイズで、商品の値段はある程度の範囲で統一化されていると思ってたが、
時々、異様に高いと思わせる値段設定をしているサークルが存在するのも事実。
ぶっちゃけ、異様に高い値段を設定されると、気になっても手に取り難くなると思うので、
個人的には、ある程度の相場を見極めた値段設定にした方が、見る人も増えるかと思う。

まぁ、こんな所に書いたところで、作者の人達には、一言も伝わらないんだけどね。
そもそもにして、同人活動をしていない自分に言われたくないだろう、と言う事だ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://react.blog.fc2.com/tb.php/4369-033aa222
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)