FC2ブログ

R-T-A Diary

リアルタイムアタックな日記では無く、日々をアクセル全壊で空ぶかしをしている様な日記ですので、間違われた方はCTRL+Wで。。

お決まり物が多過ぎる邦画

『邦画』

と言ってしまってるが、恐らく洋画もある程度でくくれば似た様な物だろう。
とりあえず、ここは邦画の話に限定させてもらう事にする。

映画館に行って映画を観る際、始まる前の予告は結構楽しみにしているのだけど、
洋画に対して割合が少ないはずの邦画なのに、お涙頂戴系が同じ内容過ぎて笑える。
大体女8割、たまに男2割の設定で、

・余命が決まっている
・死ぬ未来が解ってしまう
・何らかの原因で相手が死ぬ

こんな内容の邦画が多過ぎる気がするんだよね。
流石に、この3つの内のどちらかに該当する作品が、1上映の予告中に3つも流れると、
相手を殺す以外で作品を作れないのかよ?って気にもなるよね。
ってか、一定間隔でこう言う映画がやってる気がするよ。

恐らく、洋画に関しても、2つ、もしくは3つくらい、お決まりがあると思うのよね。
で、結局それらも、同じ様にお決まり物として見られていると思うのだけど、
あまりにも邦画のお決まりは、お粗末すぎる気がしてならない。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://react.blog.fc2.com/tb.php/4830-3b9b091b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)