FC2ブログ

R-T-A Diary

リアルタイムアタックな日記では無く、日々をアクセル全壊で空ぶかしをしている様な日記ですので、間違われた方はCTRL+Wで。。

糞NY

最近、父親のPS2の本体が逝きました。
以前にも50000番台の不具合で逝った事があり、
その修理を行った事があったのですが、
その際は、保証期間が過ぎているのに無償で修理をしてくれた。
まぁ、本体の不具合なんだから、当然と言えば当然。

で、今回も同じ様にディスクを読み込まなくなったので、
また同じ様に死んだのかと思い修理を出したのだが、
故障個所の報告や、修理を行うかの確認もせず勝手に修理をし、
挙句、着払いでいきなり送られて来た。
何の連絡も無しに勝手に送るなと言う事で受け取り拒否をしたのだが、
その件について連絡が携帯に来た。
そこで初めて修理個所だのの話を聞くのだが、どうも突然死では無い様子。
でも、突然死として扱えないか?と思い、電話の先の担当に話すも、

「弊社の方では、その様な不具合の例は無いですね」

と言う、いかにもな返事が返って来た。
まぁ、公にしてない不具合なんでしょうし、
そう言う返事が返ってくるのも当然なんだろうと納得してしまった。

とりあえず、面倒な話を切り上げ、指定日に送ってくれと電話を切る。





いきなりの電話とかもあったが、今回一番困るのは、
父親のPS2の修理代(6,300円)を、
何故自分が持たなければいけないのか?と言う事である。
はっきり言って、過度の稼働時間が問題なだけだと思う。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する